推しが可愛い日常

推し(味方良介さん)が可愛い話をします

はじめに。

こちらは舞台を中心に活躍する俳優・味方良介さんを推している人が、ひたすらに「推しが可愛い」という話をするブログです。

↓味方良介さんとは

dailyoshikawaii.hateblo.jp

 

できるならば毎日更新したいという気持ちだけは持ちつつ、マイペースにやっております。

ゆるくポジティブを心がけつつ、楽しく気ままに好き勝手(時々?ポエミーに)書きたいことを書いています。

 

書いていることは全て個人の感想です。当たり前ですが、ファンの総意とか代表とかのつもりは全く無いのでお間違えのないようにお願いします。

何かありましたらコメント(公開)・Twitter・お題箱・マシュマロまでどうぞ!

twitter.com

odaibako.net

marshmallow-qa.com

 

このブログを読んでくださるすべての方々、ありがとうございます。

味方さんのことを少しでも好きになっていただけたら舞い上がるほど嬉しいです。

「新・幕末純情伝 FAKE NEWS」についての雑感。

えー「男も女もない社会」なんていうのは遠い先の話なのかと感じるようなニュースも飛び込んでくる昨今でございますが…

「新・幕末純情伝 FAKE NEWS」についての雑感を書いていこうと思います。

 

前回の2016年版では無かった桂のシーン、二宮のシーンが追加され、代わりに繰り返していた似たようなシーンを削ったことで、かなり話がすっきりとわかりやすくなった今回の新幕末。

ただまあ、前回よりは面白く観たんですが、やっぱりそんなに私にとって好みの話ではないなーとは思ったりしました。

 

なんであんまり好みじゃないなーと思うかというと

  • 坂本龍馬が言ってることの矛盾をどう解釈したらいいかもやもやする
  • 昭和的なエロ下ネタが特に面白くない
  • 作者の家族観になんか悲しくなる

ってあたりが大きな理由かな…と。

 

坂本龍馬の矛盾

「男も女もない」と言いながら「女は女らしく」「女はみんな美しくあるべき」「義母に尽くす良い嫁」という価値観も語る龍馬。

先進的な思想を持った人物のようでそうでもない古臭さ。

まあ相手が総司という「相手に呼ばれた通りになっちゃう」「誰かの為にしか動けない」感じの子だから、という解釈もできますが…

わかりやすく矛盾してるので意味ある矛盾なんだろうとは思うんですけど、いっそ矛盾性をもっと強調した方が現代的になるんじゃないかとも思ったりします。

そもそも主要登場人物に男性いっぱい:女性1人でジェンダーの話するのも無理があるとは思いますが…男性にいろんな人が居るように女性もいろんな人がいるので…1人を女性代表みたいには書けないよ…

 

昭和的なエロ下ネタ

めちゃめちゃ抵抗あって不快!無理!って訳でもないんですけど特に面白くもないな…という感じ。

でも味方龍馬は下ネタ言ってもハキハキしすぎて小学生みたいなので面白くもないけど「元気のいい男子だな」とは思った。

下ネタ言ってるのに声は割とピューロランドみたいなトーンなので下ネタ感はない。下ネタ光学迷彩と名付けたい。

 

あと下ネタでもないけど「好きです!やりたいです!」の言い方は完全に小学生だったと思う。

総司が「はい!よく言えました!」って言わないのが不思議なレベル。

勝に対しての「思い出して欲しいんです!!」のとこもだいぶ小学生みがあった。

でも人に何か解説してる時は小学校の先生みたいになるので、坂本龍馬=小学校なのでは?ここに小学校を建てよう(在籍数1名)。

色々言ってるけど小学校みたいな坂本先生のこと私は好きです。

 

作者の家族観が悲しい

これはもうなんか…「結婚」って言葉自体はやたら出てくるじゃないですか。

でも結婚後の「生活」みたいなイメージは殆ど出てこない。

土方と畑耕すくらいじゃないかな…家事とか育児とかはほぼ出なかったはず。

 

なんか全体的に「幸せな家庭」への憧れはすごい感じるんですけど、具体的なイメージって出てこない。

龍馬の母と姉くらい?でも基本「嫁を自慢する対象」だし…

「父親」は勝の父しか出なくて「迷惑」「不幸の元」みたいな描かれ方をしてる。

「幸せな家庭」も、そこにいるはずの「幸せな父親」も、具体的なイメージが出てこない。

それがなんか…考えたらめっちゃ悲しくなるんですよね…

 

で、登場人物中でも結婚したがってて家庭への憧れが強そうな準主役と言える「坂本龍馬」役ですよ。

前回2016年はノンスタイル石田明さん。

ご結婚されて双子の娘さんが生まれて、めちゃくちゃ子煩悩で夜中までお世話して幸せそうなパパですね。

今回の味方さん。

家事めちゃくちゃ得意な上に子どもの世話も大得意。生活感がしっかりある家庭的な男性ですね。

いやもう…役とのギャップがすごすぎて…さらに坂本龍馬がかわいそうになってきちゃってですね…

そんでもってこんなことを考えてる私だって別に幸せな家庭がイメージできない悲しさが理解できてる訳ではないじゃないですか…

もう全体的にどうしようもなさが悲しくなってきますよね…

 

まあそんなこんなで「好みの話じゃないな」と思いながらも楽しくは観れていたんだから、今回の新幕末はすごかったんじゃないかなと思います。

キャストみんなすごかったよ!ということでメインキャストのみですが感想を。

 

 北原里英沖田総司

その場その場の感情をすとーんと素直に演じられてるという印象。

全体としては矛盾感も出るんだけど、その違和感が逆に「そういう総司」としてよかったと思う。化け物感、異物感というか。

あと二宮とのシーンとか、感情を殺したような暗い声がすごく良かった。

 

小松準弥:土方歳三

すごくちゃんと「顔がいいだけの明るいバカ」になってた!

「軽くてアホで調子良くて女の子と楽しく生きてるべき人」という説得力。

前回の細貝さんだとちょっと重すぎて土方という人物にあんまり納得いってなかったので、すごくわかりやすかった。

 

田中涼星:桂小五郎

「幽劇」の時から思ってたけど田中くんはものすごく「暴れ力」がある人ですね…!!

長い手足で盛大に暴れてるのを見ると清々しくてちょっと笑ってしまう。なんかごめん。

そしてちゃんと「悪役」の桂さんだった。今思うとあの頃の味方さんはちょっと悪役力が足りてなかったな…

日替わりは一体なんなのか全くわからないカオスなシーンになっていて感心しましたが毎回頭は抱えたくなりました。よくあんなカオスなネタばっかり思いついたね…!?

 

増子敦貴:二宮

いやー本当、上手になったね…!!

前の熱海も個性的で良い演技ではあったんだけど、いかんせんめっちゃ噛んでた印象もあったので…

めちゃめちゃ良くなっててびっくりでした。今後も楽しみです。

 

松村龍之介:岡田以蔵

殺陣がうめえよ…!!

そして、がなる声にちゃんと迫力がある。

それでいてカッコつけるところはちゃんとカッコよくできる。

本当に素敵な役者さんだなぁと思いました。

 

そしてブログで…めちゃめちゃ味方さんのこと上げてくれてありがとう…!!

ameblo.jp

そして、俳優 味方良介。
 
良介くんに出逢えて良かった。あなたの坂本龍馬を以蔵として支えられて良かった。
 
稽古場でも、本番に入ってからも、たくさんお世話になりました。
 
この人が言う事は間違い無い。だから信頼出来る。悔しいけれど敵いません。今は。
 
僕はどうやら、同年代として1番尊敬し、1番負けたくない人に出逢ってしまったようです。
 
そんな人が演じる坂本龍馬だからこそ、岡田以蔵として僕自身が成長することが出来たんだと思います。感謝してもしきれません。本当にありがとうございました。

 

本当に…ありがとうのすけくん…!!
 

細貝圭勝海舟

私は圧倒的に土方より勝のが似合ってたと思いました。
重厚感のある勝だった…!!
でも絶対死んでも抱かれなそう。
 

味方良介:坂本龍馬

いやーもう本当に毎回思ってるけど国宝級の喉よありがとう…

韻文を音にするために生まれてきたような声だよ…

今回はブログなどでも度々言っていたように「主役を立てる」ことを意識していたのが伝わってきました。

 

そしてこれだけは言っておきたいのですが、千秋楽のペリー提督(オペラ座の怪人)は反則すぎるよ!!

いやー本当…実は千秋楽のジェットストリームで少し噛んだ瞬間に過去の悪い思い出*1が走馬灯のように過ってしまって、一瞬めちゃくちゃ心がざわざわしてしまったのですが、予告編で登場した瞬間に全てが吹き飛びました。

まずタキシードだとスタイルがジャージの300倍良く見える…!

さらにあのオペラ座マスクが似合いすぎる…!!

肩のエポーレットも似合ってたよ…!!

歌も少しだったけど歌ってくれて…もっと落ち着いてしっかり聞きたかった…日本語バージョンでしたよね?また聴きたい…!!

 

さて、そんな推しを追いかけてるうちに「熱海殺人事件」と「新幕末純情伝」を2バージョンずつ観劇したわけですが。

この作者、つかこうへいという人が言いたかったことってなんだんだろうな、ということを考えたりします。

そのうちの1つは「大衆の反応」によって「スター」がどれだけ傷ついたり迷惑被ったりしてるかって話なんじゃないか、と最近私は思いました。

最近見たツイートに、「大衆の反応」とは「相手への無理解と無遠慮」という言葉があって

 

これを読んだ時に、二宮や大山の行動を思い出して、どちらも「悪人」ではないはずなのに「相手への無理解と無遠慮」によって誰かを殺そうとしてしまったんだろうな、と思ったのでした。

 

そしてどちらの作品にも根底に流れるのは「人と人はわかりあえない」ってことなんじゃないか、とも思います。

無責任な「心の繋がり」を描かないということが、この作者なりの誠実さだったんだろうなと。

 

無理解があったり、つい無遠慮になったりというのは、誰でもやっちゃうことなんじゃないかと思います。

ただ、なんとか踏ん張って誠実ではありたいし、誰にだって「私の知らない事情がある」のは忘れないようにしたいなと思います。

結局、基本は相手が誰でも「僕と君との楽しいあやとり」しかないんじゃないかな。

私も日常でちゃんと「あやとり」できてるか、自信はないけど…繰り返して学ぶしかないので、明日も新しい誰かとの「あやとり」を楽しもうと思います。

おやすみなさい!

 

*1:WaW千秋楽で客席通路から登場した際、階段に少し躓いた。その後のアンコールで中々出てこないな…と思ったら推し、頭にタオルぐるぐる巻きで登場。頭を縫うほどの怪我だった

新・幕末純情伝 FAKE NEWSを観た話。

shin-bakumatsu2018.com

ようやく観ました!今日マチソワした時点での感想を軽くまとめておきます。

 

まず、2016年版と比べストーリーがすごくわかりやすくなってました。

二宮と桂に追加シーンが入ったことがめっちゃ大きいですね。関係性がわかりやすくなったし話の流れがちゃんと繋がった…

というか前の状態はなんだったんだレベル…こんなスッキリまとまる話だったのか…

 

そして北原里英さんの沖田総司もすごくわかりやすい…というか腑に落ちました。

2016年版は私にはどうも「沖田総司」という女性がよく理解できない、わからないままに終わってしまった印象で…(お芝居が上手い下手という話では決してないです)

 

北原さんの沖田を見ながら、私は「この沖田総司は女性というより何か、アメーバとかスライム的な見た目の怪異じゃないのか?」という印象を持ちました。

沖田は、呼ばれた名前のモノになってしまうタイプの怪異とか物の怪の類なんじゃないかと。(ポケモンで言えばメタモン

 

「女だ」と言われたら女体として振る舞うし、「犬だ」と言われれば犬になるし、「人斬りだ」と言われたら人を斬りまくる。

そして「姫」と呼ばれた最期は姫になる。

 

そんな「沖田総司」は、私には女性というよりもなんとなく「得体の知れない怪異」のように思えたのです。

私には「これが女というものだ」なんてとても言えない、得体の知れない何か。

これは大変失礼な推測ですけど、もしかしたら、つかこうへいという人にとってどこか「女=得体の知れないもの」だったんじゃなかろうか、と思ってしまうのです。

そんな得体の知れない怪異みたいな「沖田総司」を、北原さんは「すとーん」とそのまま、得体の知れないように演じていて凄くわかりやすい、と感じました。

 

そして坂本龍馬

龍馬は沖田が最期になるモノ、「菊姫」としての沖田を作りあげたんじゃないかと感じました。

菊姫は決しておとぎ話のプリンセスみたいな「姫」ではなく、支配者としての「姫」です。

龍馬も王子様として沖田をお姫様にしたわけではない、と思いました。

ある意味、背中を見せていたというか、龍馬が見せていたものを元にして沖田の中に「菊姫」が作り上げられたのではないかと感じます。

 

つまり味方龍馬はすごく姫要素が強い…演説と人に教えるのが上手な姫…!

あと教師要素も強い。味方龍馬が呼ばれる「先生」は確実に教師としての先生。

政治家要素もすごくあるんだけど教師要素が強すぎる…!ペニシリンのくだり完全に教師だよ。

 

そんなこんなで特にまとまってはないんですが現時点での大雑把な感想でした。

あと味方さんのデコルテが肌荒れしていてブラ見せる度にブラそっちのけで可哀想になってしまうので皮膚科で保湿剤かステロイドをもらってきてほしい。

細かい感想はまた後日!多分書く…と思います!

「新・幕末純情伝 FAKE NEWS」ゲネレポ記事の話。

「新・幕末純情伝 FAKE NEWS」の上演が始まりましたね〜私は終盤に観劇予定です。

メディア各社からゲネプロレポート記事がアップされていますので、いつものように紹介していきたいと思います。

写真や動画などで結構ネタバレ多いので気にされる方はお気をつけて!

 

あ、まず記事紹介の前に一点気になったことを!

舞台稽古入った段階では

こんな足元がちょっともったりした普通のジャージって感じのパンツだったのに、

この後の各社記事写真見てもらえるとわかるんですが、ゲネプロでは足元までシュッと体型に沿ったカッコいいパンツになってるんです!!

この改善は大正解すぎる…!!衣装さんありがとう!!!

 

では、以下ゲネプロ記事紹介です!

 

ミニシアター通信 

 

北原里英主演舞台「新・幕末純情伝」FAKE NEWSが開幕、味方良介とつかこうへい作品出演の思いを語る

 

公開稽古でもレポート記事をアップしてくださった「ミニシアター通信」さん。

写真は1枚だけですが掲載めちゃ早かった気がします…!

 

さらに動画も!

 

 

youtu.be

 

動画めちゃありがたい!!

な、なんと登場から白ハット被って「カサブランカ・ダンディ」で踊る推しが…!!

沢田研二…多分本人が自分で選曲したんだろうな…(ラジオのゲストMCで流すほどジュリー好きの推し・25歳)

もうハット被って踊ってるだけで最高なので何の文句もない動画なんですが

推し、一言も喋ってない!!

マジで「何もいうことはない」ままで終わっちゃったよ…!逆に美味しいわ…

 

シアターテイメントNEWS

 

theatertainment.jp

 

こちらは写真たっぷり!推しが写ってる写真2枚目で突然のブラジャー!!!

妙に似合う!!

なんというか…しっくりくる…金髪に赤だからかな…ダイナマイト感…

石田さんのブラジャー姿は細身なせいもあってか明らかに似合ってはなくてそれが面白味になってたんじゃないかと思うんですが、こんなに似合ってて大丈夫なんだろうか…

 

ウォーカープラス

 

news.walkerplus.com

 

主演の北原さんへのインタビュー記事ですがゲネプロ写真が載ってます。

写真もメインは北原さんですが推しがばっちり写ってる写真も。

 

スマートボーイ

 

 

sumabo.jp

 

スマボさんいつも無料ブロマイド配布ありがとうございます…と言いたくなる構図ばっちり写真の数々。

表情もいいの使ってくれてはるわ…感謝…

 

モデルプレス

 

mdpr.jp

 

ゲネではなく囲み取材記事。

囲み取材にいた全員のソロ写真あり。推しの汗がすごい(いつものこと)。

 

エンタステージ

 

enterstage.jp

 

写真たっぷり全25枚!どれもめっちゃいい写真ばっかりですが何と言っても白ハット!!

いやー推しのハット斜め被り(宝塚の元男役女優さん直伝)はいつも最高だな…でもこの時多分ジャージの下に真っ赤なブラジャーしてるんだよな…(心なしか胸がある)

逆にそれはそれでなんかしっくり来ちゃうんだよなぁ…

 

そして動画も!!

 

 

enterstage.jp

 

いやー本当動画アップありがたい…記録が残る…

こっちはダンスシーンカットの代わりにちゃんと喋ってます。よかった…

うーん動画ですらよく響いて通るのがわかる声よ…国宝級の喉…

 

ローチケ演劇宣言!

 

 

『新・幕末純情伝』FAKE NEWS 囲み取材&ゲネプロレポート | ローチケ演劇宣言!

 

カサブランカ・ダンディの全身写真がある…!足クロスしてる!

全体的にいい表情ですね。

沖田に銃向けて対峙する写真も良い。

 

SPICE

 

spice.eplus.jp

 

e+のメディア「SPICE」さんも画像たっぷり。すどーさんのソロ写真あるのにびっくりだよ…!

そしてブラジャー写真もちゃんとある。やっぱりなんかしっくり来ちゃうんだよな…私がおかしいのだろうか…

むしろしてないよりしてる方が違和感がないのでは…?(錯乱)

 

ドワンゴジェイピーnews

 

news.dwango.jp

 

北原さんと推しと敦貴くんのスリーショットが可愛い。あつきくんおっきくなったねえ…

黒ジャージ金髪で険しい顔するとヤンキーみがすごいよ推し。LDHと間違われちゃうよ。

 

エンタメステーション

 

entertainmentstation.jp

 

かなりいい表情を切り取ってくれてる感。同じシーンでも顔が良い。

抱き合うメイン2人の写真、顔は全く見えないけどいい写真だ…

 

ランランエンタメ

 

 

ranran-entame.com

 

全写真にがっつりロゴを入れる権利意識の高さよ。

表情の顔芸感が強い。うん、それはそれで真実なんだけどね!

 

シアターガイド

 

www.theaterguide.co.jp

 

写真は多分主催が撮ったやつっぽい?下のナタリーさんも同じ写真使ってる。

プレスリリースで出てるのかな。

でも銃向けてる写真やっぱいいなぁ…

 

ステージナタリー

 

natalie.mu

 

ナタリーさんは命日特別公演トークショーのレポート。短いけど…

写真はゲネプロのプレスリリースから引っ張ってきたんだろうなー。

できればもっとガッツリレポートして欲しかったけどきっと色々難しいんだろうな…!

 

番外編1:P・H 松村龍之介さんインタビュー

 

point-house.jp

 

以蔵役・松村龍之介さんのインタビュー記事。味方さんについても話してくれてます!

 

その坂本龍馬を演じる(味方)良介くんは今回初共演ですが、人柄がすごくよくて、懐も広いし、面倒見もいいし…会見で『愛していきたい』と宣言しましたが、意識せずとも好きになっていくんだろうなって感じてます(笑)。演じる役としても人としても、尊敬できるところがたくさんあるので、心の底から好きになりたいです。

 

すごい!すごい持ち上げてくれている!!

人柄がすごくよくて懐も広くて面倒見もいい…尊敬できるところがたくさんある…

年下の俳優さん(って言って1歳しか違ってないはずだけど)から推しがそんな風に言ってもらえてるってやっぱり嬉しいですね!

 

 番外編2:演劇キック 観劇予報インタビュー

 

kangekiyoho.blog.jp

 

ウェブ掲載のインタビューですが内容はほぼ「えんぶ」に書いてあるのと同じです!

写真はちょっとバージョン違いなのかな?でも多分ほぼ同じくらいの…差分…

青チェックのパンツ可愛いなぁ。Tシャツの輪っかは…謎だけど…

そして指輪した手を握りしめているとバイオレンスな匂いがする。金髪だからかな。

 

お題箱返信

お題 こんにちは。楓さんのブログを拝見し...

こんにちは。楓さんのブログを拝見していていつか観てみたいなと思っていた味方さんと推しさんの共演が決まったのでいまからとても楽しみです。お互いステキな推し事期間になりますよう祈っています。

 

お題箱送信ありがとうございます!返信遅くなってすみません!!

おお!共演よろしくお願いします!レディアウトローですかね!?

どうも昨日はビジュアル撮影だったらしいので、写真の公開が楽しみですね!

お互い楽しみましょう〜!!

推しの「LADY OUT LAW!」への出演が決定した話。

なんか気付いたらすごい日が経ってた…

さて、まだまだ新・幕末純情伝は稽古期間中ですが、

先日、推しが「LADY OUT LAW!」に出演することが発表されました。

 

 

lady-out-law.com

 

脚本が薄ミュで共演した池田純矢くん、演出はまあ色々と因縁の…というとアレですが、岡村さんですね。

オリジナルの新作だし、実際観てみないとどうなるかわからない…としか言いようがないですが、まあどう転んでも私は客席で面白がるだけなので。

 

共演には純矢くんと同じく薄ミュで共演の鈴木勝吾さん、小野健斗さんが並び、熱海と新幕末で共演の増子敦貴くんの名前も。

敦貴くんとは先日も一緒にマザー牧場へ行くなど、仲良しの先輩後輩関係…というか、ほぼ子育てみたいな…うちの子状態ですね…

 

 

 

 

ameblo.jp

 

 

どんだけアルパカ(榛葉くん)のこと気に入ったんだ…よかったね…

そしてマザー牧場の思い出と稽古に気を取られすぎて出演告知を1日飛ばす推しよ。

 

 

 

ameblo.jp

『LADY OUT LAW!』への出演が決まりました。

 

作は池田純矢、共演には鈴木勝吾、小野健斗…と『薄桜鬼』以来の仲間たちが揃っています。

 

たまに街や劇場、稽古場で会うことはあってもまた共に作品を作れるという喜びは格別です。

 

どのような作品になるかは未知ですが、きっと"凄い"ものができることでしょう!

 

それぞれ薄桜鬼の頃から成長・変化もしているでしょうし、何より純矢くんの脚本がどんな感じなのか…

あて書きかどうかわかりませんが、推しにどんな役を振ってくれているのかも気になります。

 

そしてチケットは…

 

オフィシャル抽選先行受付開始

受付期間:6月27日(水)昼12:00~7月2日(月)23:59

受付URL:https://www.cnplayguide.com/lol_mikata/

 

こちらでお願いします!

 

ちゃんと個人先行チケット宣伝してえらい!!それが!!これまで足りてなかったものです!!

そう、現在先行期間中なのですが

 

【チケット料金 】 

(1)全席指定8,000円(税込) 

(2)先行特典・全席指定(非売品キャストポストカード1種付き)8,500円(税込) 

 

なんか2種類ある…特典商法で500円上げてる…ポストカードで500円…いや別にいいんですけど…

 

※非売品キャストポストカードは、公演ごとにA~Dの4種類がございます。 

 

うん…いや、最初から特典公表して売ってる時点で良心的っちゃ良心的なのか…?

というかまず劇場が品川プリンスホテル クラブeX(キャパ365席)ですよ。

で、10日間14公演、3連休が2回挟まって千秋楽は祝日ですよ。

(ちなみにTAKAHIROさん主演で全然チケット取れなかった同会場の「MOJO」は21日間30公演)

なのに全日で特典商法(4種類)、しかも最初からオープンで出す…

これはよっぽどチケットが…動かないと思われているのでは…?

 

初っ端から色々と心配になってくるLOL(と略すらしい)。

チケットは運営の予想通り(?)の売れ行きとなるのか、はたまた予想を裏切り全然取れなかったりしちゃうのか…

心配ですがとりあえず自分のチケットは確保したいです。「MOJO」と同じ会場だし油断はできない。

 

そして今日の推し、

 

ameblo.jp

 

なぜか土曜日にブログをアップ。

普段は月曜・水曜・金曜しか上げないのに…なぜ…!?

 

 

うっかりだった。

これまで間違えて忘れるのはあったけど間違えてアップしちゃうのは初じゃないかと思います。珍しい…!

お疲れなのかな…ちょっと心配…身体に気をつけて過ごしてほしいです。

 

 

新・幕末純情伝の稽古場会見が行われた話。

梅雨ですね!!だるい!!!

 

さて、6月10日に新・幕末純情伝の稽古場公開・制作発表が行われ、レポート記事が各社から出ています!

 

 

推しの写真だ!!ありがてえ!!!

ということで、いつも通り各社の記事まとめと一言レビューを書いていきますよ。

 

 

モデルプレス

 

mdpr.jp

 

タイトルからわかるように北原さん中心ですが他キャストもそれぞれアップの写真あり。

推しはキリッとした表情が多めかな。

 

edgeline(エッジライン)

 

www.edgeline-tokyo.com

 

全キャスト満遍なくという感じ。熱量が感じられる写真多め。でも結構赤目になっちゃってるなぁ。

 

味方は長ゼリフで、途中詰まってしまうところもあったが、迫力ある演技で観るものを圧倒した。

 会見では味方は「4日でよくここまで来たことを褒めてください!(笑)本番は7月7日なので誰も噛まないように演じますので楽しみにしていてください!」と、いきなり言い訳しだすなかスタート。

 手厳しいなエッジラインさん!!

 

Walker+(ウォーカープラス)

 

www.walkerplus.com

 

北原さんの喋った内容だけで本文構成してるの逆にすごい。他の人の話した内容全カット…勇気あるなぁ…

 

シアターテイメントNEWS

 

theatertainment.jp

 

写真がなんとなく白っぽくてきっと頑張って暗い写真明るくしたんだろうな…という感じ。

でも推しの写真はいい表情してると思う。

文章は…も、もうちょっと上手いことまとめられなかっただろうか!?

 

ORICON NEWS(オリコンニュース)

 

www.oricon.co.jp

 

スポーツ紙っぽい見出し。

推しは褒め方が上手いのでちゃんと発言を使ってもらえる。素晴らしい。

 

ミニシアター通信

 

北原里英、味方良介ら絶賛の殺陣シーンを披露「新・幕末純情伝」で10代目沖田総司に挑戦!

 

なんと!動画あり!!

 

youtu.be

 

ありがたい…推しのジェットストリームが聴けるなんて…

噛んだところはうまくカットしてくださったっぽい。なんていい媒体さんだ。

しかしこの段階でも素敵すぎるジェットストリームなんですが!?

こういうカッコつけ方が似合ってるな本当…優雅…

会見では北原さんの隣でうんうん頷いたり小声で突っ込んだりしてて可愛い。そして時々困り眉。

 

スマートボーイ

 

sumabo.jp

 

スマボさんの写真は相変わらずブロマイド感がすごい。きっちり構図決めてくる!永久保存版や…

本文も全体的に綺麗にまとめつつ、それぞれの個性がわかる感じで素晴らしい。

そして見出しの問題発言よ。

 

今作では坂本龍馬を支える役柄として描かれることから「岡田以蔵として坂本龍馬先生を愛し、いち俳優としても味方良介を愛していきたいと思っています」と、味方さんへ熱いラブコール! 味方さんも「愛してます!」と即答し、目と目をあわせてニヤリと通じ合っていました。

 

そこで即答するのが本当に…味方さんらしい…愛で生きてるなぁ…

 

ザテレビジョン

 

thetv.jp

 

推しの写ってる写真は少ないですが困り眉感が絶妙だったので…

なんでそんな親とはぐれちゃった幼女みたいな顔を…

 

エンタステージ

 

enterstage.jp

 

写真たっぷり!そして推しの写真が!めっちゃかっこいい!!そしていい笑顔!!いい困り眉!!マイク両手持ち!!!

 

竜馬を支える岡田以蔵を演じる松村は「初日から熱がこもっていて、切磋琢磨しているすごく雰囲気のいい稽古場です。個人的には、岡田以蔵として坂本龍馬先生を愛し、一俳優としては一役者、味方良介を愛していこうかなと。これからよろしくお願いします!」と思わぬ(?)告白をすると、味方も「嬉しいです、愛してます!」とにっこり。

 

こちらでも載っていた問題発言。愛してもらえて嬉しいね!!よかったね!!!

 

げきぴあインタビュー

 

【舞台「新・幕末純情伝」FAKE NEWS】河毛俊作×味方良介・対談「『新・幕末純情伝』が一番カッコいい」 - げきぴあ

 

そして会見とは別日取材と思われる、演出・河毛俊作さんとの対談インタビュー記事。

きちんと演出家や演じる役者の上演に対する考えが知れると安心できるし観劇がより楽しみになりますね!

 

それと僕は意外と女性との(恋愛を描かれる)役どころが今まであまりなかったので、そこがどういうやりとりになるのかは楽しみですね。

 

そこは私もどうなるのか楽しみですよ!!

 

あと河毛さんから

河毛 僕は彼の「熱海殺人事件」(17・18年/木村伝兵衛役)を観たのですが、今の時代に、まだ若くて、つかさんの言語をこれだけちゃんと言える役者がいるんだなと思いました。つかさんの台詞ってローなところからものすごい急角度で上がっていったりその逆だったり、傲慢さと情けなさを両方表せなきゃいけなかったりするのですが、そういうことが生理的に馴染んでる感じがしたんですよね。これは生まれついての向き不向きみたいなことで、どんな名優でも向かない人は向かないもので。かつての風間杜夫さんや三浦洋一さん、加藤健一さんがそうであったように、そういうDNAをなぜか知らんけど持って出てきちゃった人なんだなって(笑)。

褒めていただいている!(?)

 

いや本当、ちゃんと現代に新しいものを作ろうとしているんだろうなっていうのがわかる対談で、読んでちょっと安心というか楽しみ度が上がりました。

実際観てみるまではまだわからないところはありますが、期待はしたいなと。

 

そしてこの記事を書いたライターさんからのツイートが。

 

 

 「毎度のことながら」興味深い話だと思われる推し!毎回トークのレベルが高い!誇らしいですね!!

 

そんな楽しみな「新・幕末純情伝 FAKE NEWS」、実はお得にチケットが購入できるサイトがいくつかあるみたいですよ。

 

えんぶショップのお得なチケット

 

enbu.shop21.makeshop.jp

 

一部平日公演が1,500円引きの6,000円です! お得!

 

Tチケット

 

fan.tsite.jp

 

こちらは定価ですが何故かTポイントが500ポイント付きます。

Tポイント集めてたらお得ですね(?)

 

もちろん「ぴあ」「eプラス」「ローチケ」など各プレイガイドでも発売中です!

お好きなプレイガイドからどうぞ!!

色々すごい先輩な推しの話。

推しの休暇も終わり、いよいよ「新・幕末純情伝」の稽古が始まってこちらもそわそわしていく今日この頃。

いつもの推し関連情報まとめです。

 

 

カンフェティ特別価格チケット&インタビュー記事

「カンフェティ」では「新・幕末純情伝」の特別価格チケットが販売されています。

 

 

www.confetti-web.com

 

平日の一部公演のみですが、お得にチケットを手に入れたい方はぜひ。

「カンフェティ」のフリーペーパーでもインタビュー記事が掲載されています。

記事はこちらから読めます。

小松くん、田中くんの2人に対し大変先輩ぶっておりますが…!悪い先輩じゃないと思うので安心していただきたいです(?)

しかしやっぱりポケットの下から出てる輪っかがきになる。

 

 

うまく文字で隠れている…

 

卒業とエビカレーとDAY ZERO

 

ついに自動車教習所を卒業…は、はやくない!?もっと時間かかるイメージですが!?

そして、見てくださいこの綺麗に背ワタを取られたエビ!通販番組みたいな口調で言いたくなるくらいの見事なエビだ…

 

ameblo.jp

本日無事に卒業検定に合格しまして、残すは本試験のみとなりました!

 

この1ヶ月通いに通い、教習所の方も驚く早さで卒業できました。

 

いやそれは驚くでしょうね…!ものすごいスピード卒業…できるもんなんだなぁ…

 

そして例のエビ。

エビの出汁で作ったエビトマトカレー。

 

丁寧に灰汁を取りじっくり煮込んだので驚くほどエビ感たっぷりのカレーが出来ました!

 

美味しいカレーができてよかったね!!

 

これは手が込んでますね!(笑)

 

約束は果たした…ということで!

 

自分で納得したなら何も言うことはないよ…!

 

そして…

 

DDD青山クロスシアターにオリジナルミュージカル『DAY ZERO』を観劇に行きました。

 

演出は吉原光夫さん、出演者には内藤大希、西川大貴とお世話になっている方々が出演するミュージカルでした。

お写真には舞台は何度も拝見している上口耕平さんとたまたま会った大山真志も。

 

グランドホテルで共演した吉原さん、恋ブロで共演した内藤先輩&西川先輩、そして大山真志さん…恋ブロ3組集結感ありますね!懐かしい!

 

ミュージカル自体の作品力はもちろん"演出"と"演劇力"詰まったオリジナルミュージカルではあまり観ることのできない新たなパワーを持った作品でした。

 

この作品の感想は難しい!

だからこそ観に行って、その目と脳で感じ取って欲しいです。

 

俳優としての吉原さんしか拝見したことがないので、演出はどんな感じなのか気になります。

 

 

内藤先輩からもツイートが。差分回収。 

 

謎テンション

 

突然の謎テンション。でもひらがな。

カタカナや絵文字でなくひらがなのみで淡々とはしゃぐ推しよ…

これはもしかして? 

 

 

やっぱり免許が取れたことにはしゃいでいたようです。おめでとうございます。

 

ameblo.jp

 

味方良介、免許取得できました!

 

勉強は苦手だけど、自ら学びたいと思ったときの脳みその回転は速いみたいです。(笑)

 

時期的にも2ヶ月掛かると言われたのですが、約3週間で取得することができました。

 

いや本当にすごい…普通合宿でもなければそれくらいはかかるもんだと…すごいな…

 

運転したい気持ちは山々だけど、ここからは稽古モードです!

 

数ヶ月ぶりに会った須藤さんと…(笑)

 

このTシャツはもらったんでしょうか?須藤さんプロレスお好きなんですよね。

 

創くん、敦貴。

 

こっちのお写真は電話中の様子。お口と困り眉がかわいい。

 

今日の稽古初日から立ち稽古だったけれど、台詞を言うのが楽しくて仕方なかったです!

 

1ヶ月休めた喉とここから2ヶ月暴れ倒したいと思います。

 

しっかり喉をいたわりつつあっためながら2ヶ月暴れてほしいです。

 

 

RUPさんから稽古場写真。1枚目の端の方にいる。

 

www.instagram.com

 

須藤さんのインスタ。しまむらなのか。

 

 

やっぱり絵に描いたような困り眉と口のひし形感がすごい。あひる口

 

off stage 田村心さんインタビュー

 

 

ebookstore.sony.jp

 

電子書籍フリーペーパー「off stage」田村心くんのインタビュー記事で、心くんが味方さんとのエピソードを話してくれています!

 

―座組みには、味方良介さん、加藤真央さんといった先輩がいました。

田村 おふたりには本当に可愛がってもらいました。今でもふたりからもらった言葉はスマホの中にメモとして残していて、稽古の時や本番前に読み返して元気をもらっています。たとえば、味方さんから言われたのが「どんなに苦しくても悲しくても舞台上では泣くな」という言葉。これは僕もすごく大事にしていて、この間のミュージカル『刀剣乱舞』の大千秋楽でもつい泣きそうになっちゃったんですけど、僕が演じた陸奥守吉行だったら絶対笑顔で居続けるだろうなと思って、必死で我慢しました。あそこで泣かずにこらえられたのも、味方さんの言葉があったからだと思います。

 

うっ…こんな素敵なエピソードを…ありがたい…!!

というか先輩にもらった言葉メモして読み返してるの真面目すぎる…!!

 

それにしても「舞台上では泣くな」という教え、本当に味方さんらしいなと思います。

というのも味方さん、本当に舞台上で涙を流さない。カーテンコールなどでも、感極まって涙ぐんでいるように見えることはあっても「決定的にボロボロ泣いてしまった」ということはないのです。

舞台上では絶対に泣かない、というプロ意識の貫き方が本当に「らしい」なと思います。

 

―味方さんが『ちっちゃな英雄(ヒーロー)』を卒業する時、ふたりで抱擁している写真をTwitterにアップされていましたね(笑)。

田村 そうですね(笑)。あれは打ち上げの時の写真で、僕の涙が止まらなくて、それで味方さんに抱きしめてもらいました。懐かしいなあ(笑)。

 

ああ〜この!この時の!!

 

打ち上げで泣いてたからハグしてあげたんですね…優しさ…

 

ギャップよ 

 

いきなり先日のかわいい写真からのギャップよ。須藤さんの悪意を感じる…でも口はあひる口

そしてTシャツは前回の「運命のドロップキック」ゲスト出演時に自分で作ってきたオリジナルTシャツ。記念Tシャツが好きすぎる推しよ。

 

 

褒められている。

 

 

イベントを宣伝してくれてるんですよ…多分…!

 

新幕末の稽古も本格始動し、共演者のツイートもしっかりチェックしておかないと見逃しそうで緊張感が出ますね。

公演前にまたインタビュー記事なども出ないかアンテナはっとかないと…

推しの仕事が始動すると推しごとも始動という感じで、色々楽しみです!