読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

推しが可愛い日常

推し(味方良介さん)が可愛い話をします

推しへの信頼と心配の話。

その他の可愛い話。

 

ameblo.jp

うーん推しが悩んでいる…

とはいえ、ちゃんと本番には良いものを見せてくれるだろうし、どうしようもなくなる前に人に助けを求められるタイプの人だと思っているので信頼はしているのですが…

信頼していても心配は心配なのです。うーん。

 

そんな中、30人だしどうせ外れるだろう…と思ってとりあえず応募した『リメンバーミー』公式サポーター(ゲネプロ招待)ですが

www.houkai-st.com

あ、当たりました…わあ。

まさか選ばれると思わなかったのでまだ動揺しています。

とりあえずバスを…バスを取らねば…(平日だから安いし選び放題だ)

 

ゲネプロはもちろん、それまでもご一緒に公演を盛り上げて頂けますと幸いです。」

とのことで、選ばれたからにはしっかり『リメンバーミー』を宣伝していきたいなーと思うのです、が。

 

公式Twitterの稽古場レポツイート、21日以降ないんですよね…

イベントの告知ツイートとかはあるんですけど、それも23日が最後ですし。

も、もうちょっと…本当に当たり障りのないやつでいいので稽古場風景的なやつを出していただけませんか…!?

それか舞台の内容がもうちょっとわかる情報を!

宣伝しようにも!素材が少ないと思うんですよね!?

拡散するための元情報がないとこっちも動けないんですよ!!

 

推しを信頼してても心配になってる理由として、今回共演者の中にTwitterやってる人が少ないというのもあります。

稽古場の情報が出てこない…

熱海はニュージェネレーションらしくTwitter利用率が高くて、多和田くんを筆頭にまりおくんや一色さんや文音さんや高橋くんや創さんなどが

稽古場の写真や裏話なんかをツイートしてくれてたんですが…贅沢だったな熱海!

推し本人の写真や情報がなくても、稽古場がどんな感じかが日々色んな角度から伝わってくるのって安心感があるものなんですね。

 

ちょっとしたことでいいんです本当に…推しに…推しに関連する情報をください…

本人がいっぱいいっぱいなのはわかったので!周囲から出てくるのを期待するしかないんです!!

選んでいただいておいて贅沢を言うようですが…よろしくお願いします…!!

推しのぶりっ子の話。

言動が可愛い話。

推しは次の舞台『〜崩壊シリーズ〜 リメンバーミー』の稽古で悩みつつ頑張っている様子で、

心配10% 楽しみ60% そろそろ写真ください30%くらいの気持ちで見守っている今日この頃です。

 

ameblo.jp

どうしたらいい?どうすればいい?僕は今こんな感じです。

でも、それが楽しくもあり幸せです!

今日も一人で家で台詞を言っては疑問を持ち…言っては疑問を持ちの素敵な時間を過ごしていました。(笑)

 ブログで弱音吐く時もふんわりポジティブ…

 

でもやっぱりちょっと心配だなー、ツイートも少ないし…と思ってたら

一色くんにリプライ送ってましたね!

 

すごい…突然ナチュラルに堂々と明らかな嘘をぶっ込んでくる…!

そこに痺れる憧れる…!!

わかりやすく有りえない嘘、しかも「お酒飲んだことない」とか、なんとなくぶりっ子っぽいことを言うんですよね。

 

前に似たような嘘として、健さんと上田くんのニコ生にゲスト出演した時

汗拭きに行ってくるって言ってそのままお手洗いに入っちゃって

「番組前に酒飲んで来るからだ」とか言われてた時も

「何言ってるんですか、手を洗ってきただけです!」

「僕、生まれてこのかたトイレなんて行ったことありません!」

とか、いけしゃあしゃあと言い放ってましたからね!

そのあと「昭和のアイドルか!」って上田くんにツッコまれて

「え?昭和のアイドルってだあれ?」

って言ったのもなんかぶりっ子っぽかった…くっ可愛い…

 

 

そんなぶりっ子な推しの思い出を振り返っていたら今日のブログは…

ameblo.jp

わーいお料理だー!(料理の写真も良いんですけど…うん…!)

余った餃子の皮を使ったラザニアですかね?アイディア料理だ…美味しそう。

 

そして最後のコメントが

あ…またまた家庭的なブログになってしまいました。

 家庭的アピールだ…(昭和のアイドル…!)

 

推しがちょっと悩んでるな〜って時、やっぱり心配ではあるんですけど

こういうなんとも言えない開き直ったぶりっ子感に思わずツッコむことで

こっちの気を紛らせてくれるので、本当に推しは優しいな…と思います。

悔しいけど可愛いんだこれがまた!もっとやってください!!

 

推しとこち亀キャストコメンタリーの話。

公演の話。

こち亀DVD、特典のキャストコメンタリーで観ました!

 f:id:kpbrktkr:20170318235340j:image

 

メンバーがラサールさん、生駒ちゃん、池鉄さん、北園くん、そして推し…という感じなので割と推しも大人しめではありますが

本人も大好きな漫画の舞台化作品なのでめちゃくちゃ幸せなんだろうな〜っていうのが伝わってくるコメンタリーでした。

 

 

特殊捜査部隊・SOTの曲『ダブルキャスト』で推しがハットを斜めかぶりしてるのがとても素敵で、公演中からいいなー!と思っていたのですが

このかぶり方は彩輝なおさんに教えてもらったのだそうで!

宝塚の技を伝授していただいたのか…ありがたいです…!

熱海冒頭もハット斜めかぶりだったね…

 

あとアクションしてると新良エツ子さんの胸を見てしまうという話もしてました。

いやそれは仕方ない…私も見ちゃうもんアレは…多分全人類が見ちゃうよ…

 

 

それから海パンですね、海パン…

(海パン刑事と一緒に男性陣が海パンで踊るシーンがあるのです)

 

推しがなんかクネクネした歩き方をしている(たまに小指も立ってる)のが気になっていたのですが

「味方のモデル歩き!」

と言われていたので、アレはモデル歩きだったようです。

モデル歩き…なのか…?モデル…???

(海パンに札束をねじ込んでもらうための歩き方かと思っていた)

 

あの客席に向けて思いっきり海パンを食い込ませて白くて柔らかそうな尻を見せつけるところもしっかり収録されていました。

なんの意味があるんだアレは!

 

 

あとタップダンスのシーンもカッコイイですよね…

本番中も裏でタップの練習したり、ちゃんとタップシューズも買ったらしい話もしていて(でも安いやつ買ったら全然音が出なかったとのこと)

またタップやる機会があるといいな〜と思いました。

 

タップのシーンはSOTの中で北園くんだけ居ない(入り損ねたらしい)んですけど

そのことを事前番組の時からずっといじられてて若干可哀想で可愛いですね…北園くん…

SOTから北園くんハブられてる疑惑で「SOTの溝はどうなの?」って聞かれて

「溝?溝はちゃんとありますよ!」

って明るくボケちゃう推し…あっちゃダメだろ!っていう…!

 

 

でも改めて本編通して(コメント付きですけど)観て、本当に楽しい作品だったな〜と思いました。

歌もダンスもあって、わかりやすくて軽い気持ちで観られる…!

実家のリビングでも割と安心して観られるのも良いですね!(海パンはあるけど!)

かるーく観られる昭和っぽいコメディをお探しの方はぜひオススメです!

 

 

推しについて書いたブログが100記事になった話。

このブログの話。

去年の10月9日から開始した当ブログもこの記事で100記事目となりました。

5ヶ月で100記事か…そもそもこんなにブログが続くと思ってなかったので感慨深いです。 

総アクセス数はもうすぐ2万5千になるみたいです。わあ。ありがたいことですね!

 

ちなみに50記事のときも集計しましたが、これまでの記事別PV数ランキング

第1位

dailyoshikawaii.hateblo.jp

変わらなかったので1位から発表。

内容はvol.2までのきどみかがどういうイベントだったかってブログです。

vol.3も楽しかった!まさか推しがデコレーションケーキを作るとは!

 

第2位

dailyoshikawaii.hateblo.jp

熱海の初見感想ブログ。興奮で勢いのままに書いたやつ。

Twitterでいっぱい拡散していただいたみたいで驚きの伸びでした。

 

第3位

dailyoshikawaii.hateblo.jp

私が観てない公演で起こったらしいトラブルの話。

推しは大変強い人ですがなるべく傷ついてほしくないし命が脅かされないで平穏に暮らしてほしい。

 

 

このブログを読んでくださっている皆様、ありがとうございます。

たった一人の俳優について、一人のファンが5ヶ月で100記事も更新するという、冷静に考えれば気持ち悪いことこの上ないブログかと思います。

ただ、意外と書けるぞ、と。

本当に好きな人や物事について(羞恥心を投げ捨てて)書こうと思えば意外と書ける、ということをお伝えしたい。

 

推しを褒め称えたり、「ここが可愛い」をまとめたり、舞台の感想を書いたり、

私が書いても書かなくても推しの魅力に変わりはないので、意味がそれほどある訳じゃないとは思ってるんですけど…

それでもこのブログを読んで推しについて興味を持ってくださる奇特な方もいらっしゃるので(有り難すぎる)これからもマイペースに書きたいことを書こうと思います。

 

 

あ、本日こち亀DVDをAmazonから受け取りました!

なんかキャストコメンタリーがついてるみたいですね!楽しみです!!

推しがたくさん喋ってるといいなー!

まったりモードな話。

その他の可愛い話。 イベントの話。 言動が可愛い話。

推しの主演舞台が終わり、一通り感想も書いて燃え尽きまったりモードでした。

 

推しも束の間の休暇を満喫していたようで、更新されるツイートやブログ内容も休日モード。

( 「味方の味方たち」呼びも定着してきましたね…)

 

ameblo.jp

ameblo.jp

観劇(刀ミュ)→料理(カレー)→観劇(こまつ座)→料理(餃子と担々麺)…という休日満喫っぷり!

しかも写真は料理の方だけ!美味しそう!

若手俳優というより趣味に生きてるキラキラ女子のブログみたいです。最高か…

 

 

そんなまったりモードな中でも舞台関連イベントがいくつか発表されたりはしていまして

舞台版「こちら葛飾区亀有公園前派出所」DVD発売記念イベント - アニメイト

DVD発売記念のトーク&握手会か〜

うーん発売日に東京のみで参加券配布は地方民には厳しい。

5月前半にはリメンバーミーがこっちに回ってくるので、トークのレポが落ちることに期待したいと思います…

 

そして今日発表の

www.houkai-st.com

劇団「荻窪遊々演劇社」を心から応援して下さる、心温かき公式サポーターを募集します!あなたの劇団への愛情を、是非公式サポーターとして世の中へ発信してください!

【 活動内容 】
2017年4月13日(木)お昼~夕方頃、俳優座劇場にて実施予定ゲネプロ公演、マスコミ用フォトセッションにご来場いただき、公式サポーターとして、その様子や感想を、お持ちのSNSTwitterFacebookInstagramなど)に投稿いただきます。

つまりゲネプロ招待するので拡散してね!ということのようです。

 

最近流行り?のアンバサダーみたいなやつですね。

www.sanrio.co.jp

こちらはサンリオのポムポムプリンアンバサダー。

 

うーんゲネプロ観に行って感想書いたりするのは楽しそうで気になるな〜

今回遠征はしないつもりだったので悩みどころですが…

応募締め切りは3月21日までのようなので、もうちょっと悩んでみます。

まあそもそも応募しても当たらない可能性が大いにあるんですけどね!

(募集人数30名…)

 

 

5月以降の推しごとが発表されていないので警戒しつつ、まだまったりモードなので

せっかくだからそろそろ集めてるDVDを観直して感想をちゃんと書き残すという作業をはじめたいな〜と思ったりします。

舞台のDVDって、劇場で観たやつだともう本編全然観ないで放置とかよくやっちゃうんですよね。

せっかく買ったものだし勿体無いのでちゃんと観て感想を残したいとは思うのですが、なかなかきっかけが…

重い作品だと特に…気力のある時じゃないと…

こち亀DVD*1も明日以降届く予定なので、DVD観る月間にしたいです。

 

*1:Amazonで買ったのですが、うっかりコンビニ支払いにしてしまった

熱海の考察の話。

公演の話。

熱海殺人事件NGについて色々考えてたんですけど全然まとまらないので簡単に箇条書きで、考えたことを残すだけ残しておこうと思います。

すべて勝手な妄想であり、カルテットの時間軸ズレ説みたいなものだと思ってください。

 

登場人物の意味するもの

伝兵衛→日本において民衆から信仰される「神様的なものたち」の象徴

(日本で信仰されるものすべての象徴なので東西のモチーフが混ざって出現している?)

熊田→信仰を持たない、無宗教という自覚の日本人

大山→無意識に「神様的なもの」を信仰する素朴な日本人

水野→巫女的な女性?

 

ワイン

冒頭のシーン、伝兵衛はワイン(ロマネコンティ)を熊田へ勧めるが、熊田はそれを無視する。

 

ワインの瓶やグラスなどの小道具はなく、それらしきジェスチャーもない。

→存在しないワインを来訪者に勧めている。

不思議の国のアリス 第7章(狂ったお茶会のシーン)三月ウサギはアリスにその場にないワインを勧める。

→この話全体が「狂ったお茶会」である?

 

ワインはキリスト教的に重要なモチーフ。(キリストの血。聖餐)

→熊田は聖餐を受け取らない。(最後もタバコを受け取らない)

 

ブランデー

「ブランデーは俺の酒だ!」

ワインと同じくブドウから造られる酒。(ブドウはユダヤキリスト教的に重要な植物・果実)

違いは蒸留し、樽で熟成させること。

酒が樽熟成中に蒸発して減る分のことを「天使の分け前(取り分)」と呼ぶ。

→ブランデーは「信仰されているもの」が取っていく酒である。

  

日本刀

日本で古くから信仰される武器。伝兵衛と大山が使う。

 

富士山

古来より信仰を集める日本で一番高い山。

「あの雄大な富士山を見たら、それは私だ!」

 

俺を立てれば無茶はしない

菅原道真とか、祟り神を祀って大人しくさせるコンセプトの神社って昔からあるよねって話。

 

白い菊で叩く

禊?祓?の儀式。

「汚い手で触るんじゃねえ」

殺しによる穢れを儀式で祓った後に、伝兵衛と大山はあやとりをする。

 

あやとり

コミュニケーションの象徴。

きちんとコミュニケーションを取ることができれば殺さずに済んだ。

 

タバコ

=線香。(カーテンコールでつかこうへいに捧げられる)

ラストシーン、熊田は伝兵衛からのタバコを受け取らないが伝兵衛のタバコに火をつける。

「気持ちが大事」

線香を上げるのは気持ちの問題。気持ちが入らない線香に意味はない。

→多くの日本人が持つ「無宗教」という自覚は本当なのか?

→「無宗教」であったとして、気持ちのこもった線香をあげられない訳ではないのではないか?

 

疑問点

妹のマリ子(19なのに婚期が遅れ、嫁に行く前に後家さんになってしまう?)と大きな古時計

不思議の国のアリスっぽいモチーフではある。時間的な混乱?

そもそも大山とアイ子の関係も時間的な混乱がある。

(5年ぶりに会い翌日熱海で殺してるはずなのに、原宿でお弁当持ってデート、「手を繋ぎたかった」など)

 

しかしこれ以上考え続けると脳がオーバーヒートし続けてしまうので一旦この記事で置いときます。

楽しいけど難しい!

推しの伝兵衛ちゃんが可愛い話。

公演の話。

千秋楽の話をしていたらあまりに混乱してしまったので息抜きにいつも通り「推しがとにかく可愛い」という話をしようと思います。

推しが演じた木村伝兵衛部長刑事は、とにかく美しいだけでなく無茶苦茶可愛い部長さんです。

伝兵衛ちゃん(と呼ばせてほしい)の具体的にどこが可愛いかをまとめておきます。

(いつも通り個人の感想です)

 

水野との絡みが可愛い

部下の女性・水野朋子さんと伝兵衛ちゃんは愛人関係である…ということになっているのですが、愛人というかほとんど仲良しズッ友☆無敵の女子高生コンビ!みたいな感じです。

熊田や大山が暴れるとふたりで「キャー!」「ちょっと男子ィー!」「最悪ー!」って空気を出してます。

いちいち顔を見合わせて首を傾げ可愛こぶります。言ってなくても「ねー♪」って声が聞こえてきそうです。

横抱きにして「燃えるような女体を鎮めるのは容易いことですが」などと言いますが、なんだか女子高生が二人で悪ノリしてふざけているように見えます。

可愛いんです。アヒル口です。そりゃ気が付いたら抱き合って好き好き言ってるだろうな女子高生だもん。

たこ焼き食べながらプロポーズして冗談冗談って感じになるだろうな女子高生だもん。

ふたりでプリクラ撮ったりSNOW自撮りしたり夜更かしパジャマパーティーしてそうだもん。

これもう一歩踏む込むとかの問題じゃないよ…結婚しようってならないもん普通これは…

結婚式も出て挨拶しちゃうだろうよ…『糸』歌っていいよ…

 

ダンスが可愛い

途中で『よろしく哀愁』と『渚のシンドバッド』の2曲を踊るのですが、とても可愛いです。

ノリノリキメキメな昭和のアイドルダンスです。キラッキラです。

特に『渚のシンドバッド』が…

以前「We are ウォンテッド!」って作品内でも踊ってたんですけど、その頃は初々しい感じだったのに今では本当に堂々とノリノリで踊っていて感動しましたね…

(ちなみにその作品は矢田さんも出ていたので青7は多和田、黒羽、矢田と3人『渚のシンドバッド』が踊れるはず)

でも「肩など抱いて」の振りは昔の初々しい感じも逆にセクシーでよかったな…

もちろん伝兵衛ちゃんの最高にノッてるキュートなぶりっ子ダンス最高でしたけど!

また推しにピンクレディー踊って欲しいです。そういえば作曲家のおじいちゃんはお元気なのかな…

 

高い声が可愛い

基本的に声が高い!!

元から割と高めな上に、高い声のが出しやすいタイプなのだと思います。

水野の真似して「ん〜〜〜〜〜〜↑↑」って言うとこも水野より出てましたし

水野含む3人で何か叫んでてても大抵一番高い声が伝兵衛でした。

マイケル・ジャクソン来たじゃない!」あたりのシーンも高め安定で可愛かったです。

 

甘え方が可愛い

そしてその高い声で甘えるのが可愛すぎる。

あの「聞いて…聞いて…聞いて…」って言いながら崩れ落ちて大山にお願いするシーンの甘えっぷりが最高ですね。

聞いてる最中に聞き耳たてながら言う「なんて言ってたの!!」も本当に子供みたいな言い方で堪りません。

聞いてる内容はアレですけどね!

あと「ぼくはもうおおやまくんほどのはんにんには手がでないよぉ」の態とらしい震え声とか、やる気あるんだかないんだかなんとも言えないピコ太郎の真似も最高に可愛かったです。

あの拗ね甘え感の出し方が上手すぎる。

 

 

ということで伝兵衛ちゃんの個人的可愛いポイント集でした!

あとこれは全然可愛こぶってるわけじゃないし可愛いつもりはないと思うんですけど

台詞の中で「〜、が!〜」(助詞の「が」を区切って単独で言う)

ってときに毎回律儀に「(ん)が!」って鼻濁音なところに伝兵衛の美学を感じてとても可愛いなぁと思いました。えらい。