推しが可愛い日常

推し(味方良介さん)が可愛い話をします

はじめに。

こちらは舞台を中心に活躍する俳優・味方良介さんを推している人が、ひたすらに「推しが可愛い」という話をするブログです。

↓味方良介さんとは

dailyoshikawaii.hateblo.jp

 

できるならば毎日更新したいという気持ちだけは持ちつつ、マイペースにやっております。

ゆるくポジティブを心がけつつ、楽しく気ままに好き勝手(時々?ポエミーに)書きたいことを書いています。

 

書いていることは全て個人の感想です。当たり前ですが、ファンの総意とか代表とかのつもりは全く無いのでお間違えのないようにお願いします。

何かありましたらコメント(公開)・Twitter・お題箱・マシュマロまでどうぞ!

twitter.com

odaibako.net

marshmallow-qa.com

 

このブログを読んでくださるすべての方々、ありがとうございます。

味方さんのことを少しでも好きになっていただけたら舞い上がるほど嬉しいです。

推しの「ラヴ・レターズ」を観てきた話。

「LOVE LETTERS 2018 Autumn Special」11月18日18時30分

味方良介さん & 内田真礼さんの回、観てきました!

 

www.parco-play.com

 

感想記事が遅くなってしまいましたが、改めて感じたことを残しておきたいと思います。

 

味方さんにとって初の朗読劇、そして日本では1990年から上演され続けているという歴史ある「ラヴ・レターズ」への出演ということで、きっと緊張しているだろうな、と思いながらの幕開けでした。

登場、そして読み始める前に相手の内田真礼さんと目を合わせての笑顔…ああ、いい感じだな、と少しほっとしました。

ただ読み始めてから、いつも通り声は良い…けど…手が…!!なんか本を持つ手が震えている…!?ものすごく緊張が伝わってきました。おおお…がんばって…!

 

読み進めていくうちに、徐々に震えは治ってきたように思いました。たまにつっかえたりする場面もありながらでしたが、だんだんと緊張も解けてきたのかな…と思いつつ、ドキドキしながら朗読を聴き、見つめました。

 

私が一番好きだな、と思ったのは、一幕の最後あたりの手紙でした。

手紙を書くのが好きだ、特にメリッサに当てた手紙を書くのが好きだ、という、素直で正直な思いを伝える手紙。

それは「メリッサ自身のことが好きだ」という思いとは全く違って感じられて、素直な気持ちであるからこそとても残酷で、でもある意味とても誠実で…

味方さんに「本人の心から正直な気持ち」を最大限誠実に語らせたら最高で最強だなーと改めて思いました。

 

味方さん演じるアンディーは全体を通して、どこか半端に真面目で優しく、半端さ故に残酷な人、という印象を持ちました。メリッサはその残酷さに傷ついていったのだろうな、と思います。

相手のメリッサもまた、ある意味では自分に正直で残酷な人であり、また素直になれなかった悲しい人でもあって、ふたりは惹かれ合いながらこの終わり方しかできなかった。

運命と言ってしまっていいのかわからないけど、そういう関係ってあるんだろうな、と思うようなふたりの話。

 

メリッサ役の内田真礼さんはとても可愛らしい方で、メリッサという役をとても素敵に演じていらしていました。

発声としてはすごく、あー(私のイメージする)「女性声優さん」という感じの声で、これまで観てきた舞台女優さんと全然違うイメージの声というか…推しがいつもの「舞台俳優」って感じの声で朗読していたので、カップルそれぞれの方向性が全く違う感じになっていて、でもそれはそれで、すれ違う「アンディーとメリッサ」らしさにもなっているのかな、と思いました。

 

そうそう、衣装も素敵でしたね!

一幕はシワ加工のベストで少しカジュアルめの若い感じ。二幕はスーツに黒シャツ…かと思ったら後の写真を観たら紺色のシャツでした。どちらも推しによく似合っていて素敵でした!

 

二幕後半、歳を重ねていくアンディーは若い頃と比べて表情が固くなっていくのが、とても味方さんらしい芝居だなーと思ったりしました。

終盤では味方さんには珍しくずっと鼻をすすり泣いている様子で、もっとよく見たいのにだんだんと暗くなっていく照明がもどかしく感じたり…

 

全体を通して本当に素敵な朗読劇で、とても良かったです。

だからこそ、できるならばいつかもう一度観たい。

若い、26歳の今の推しが演じたアンディーと、歳を重ね、さらに経験を積んだ後のアンディーを観て、比べたい。

そんな風に、正直に思う初朗読劇でした。

そしてそこがこの「ラヴ・レターズ」が長く上演され続け、愛されている理由の一つなのかなとも思いました。

人生を通して演じるからこそ、いろんな年代の役者で観たいと思う物語。

それでさらに推しの成長を見ることができたら最高だよな〜!と。いや本当にまた推しが出演させてもらえたらめちゃくちゃ嬉しい…きっとすごくハードルの高い大変なことなんだと思うけど…!!

推しが活躍しつづけていれば、いつかは!と思うので、また観れるように変わらず応援していきたいなと思います。

 

とりあえず今年のパンフ(ラヴ・レターズは公演後にパンフが発売されるらしい)が発売されたらしっかり忘れず買いたいなと思います!

あと終演後すぐ新幹線乗らなきゃでアンケート出し忘れてそのままになってるので、郵送を…しなければ…

そんな感じで、推しの出演した朗読劇「ラヴ・レターズ」の感想でした!

これからも色んな作品に出演する推しを観続けていけたら嬉しいな!と思います。

次は「君乞う」の感想も…がんばります…!!

推しのことを全く知らない人に推しの印象を答えてもらった話。

最近バタバタしていて更新止まってました!

が、「ラヴ・レターズ」「世界の終わりに君を乞う。」の感想はちょっと置いといて、先にこちらについての記事を書きます…!

 

note.mu

 

ゆうひまさんという方が「リクエストに答えてその人の推しについて語る」という記事をシリーズで書いておられたので、面白そうだなと思ってリクエストさせていただいたのでした!

このシリーズで初めて「全く知らない人」のリクエストだったそうで、こちらとしては「本当に知らない状態から推しについて調べた時どんな印象か」が知れてとても嬉しかったです!

で、せっかくなのでゆうひまさんの「全く知らない人目線」の記事を引用して、「推しのことチョトワカル」オタクによる答え合わせ?的な記事を書きたいな〜と思いました!感想記事より先にサラッと1本書かせていただきますね!(書きやすいのを書くと調子が出そうな気がするという本音)

以下、記事内容を引用しつつコメントしていきます〜!

 

推しプロフィール

まず、味方さんの公式プロフィールとウィキペディアからの印象を語ってくださってます!

 

まず最初に名字の読み方が分からなかった!

まあ…ですよね!同じ漢字で「みかた」「あじかた」両方の読みの方がいらっしゃいますから…

 

みかたさん。戦隊ヒーローの主人公みたいでかっこいい。 

めっちゃ主人公っぽい名前ですよね…「味方」ってきて「良介」を合わせるのか…!っていう…

でもそういえば舞台であんまり正義のヒーローっぽい役はやってないですね。正統派ヒーローっぽいのちっちゃな英雄のジョージくらいかな?割とドジっこお茶目系だけど…

 

しかも下の名前もとてもお優しそうな雰囲気で、名前からして好青年が滲み出てますね。芸名なのかな?

本当に芸名みたいな好青年っぽい名前ですよね〜!でも芸名ではなく本名なんですね〜ご両親がすげーよ本当。

 

それにしても事務所HPの写真デカいな笑

圧がつよい笑 でも推しのでかい写真はいいよね…

写真がでかいのは多分私がうっかりスマホ用サイトを送っちゃったからですね!!失礼しました!!

まあ圧が強いのは正しいからいいか!!だいたい圧強いからな推し!!

 

そしてテニミュ俳優さんなのね!

や、やぎゅう!!!!!!!!人気キャラじゃん!!!!!!

そうそうテニミュ出てた俳優さんです〜テニミュのネームバリューすげーなやっぱ。

柳生さん、人気キャラなんですかね!?いや不人気とは思ってませんが、人気キャラ多いからな〜。

 

”黒いチワワを飼っており名前は「エマ」ブログで紹介するときは必ず「エマさん」と”さん”付けである。”(wiki)
好感度が10000000000000000%上がった。

おお、ウィキペディアそんなことまで書いてたのか。(あんまりよく見てない)

エマさん、実は昨年の秋に亡くなったんですよね。

ameblo.jp

この時ちょうど稽古していた「ウエアハウス」で演じたシタラは「犬を殺す」役だったので、きっとつらかったんじゃないかな…と思います。舞台は本当にしっかりやり切っていて、やっぱりすごい役者さんだな、と思いました。ウエアハウス、良い舞台だった…

この時のブログも本当に愛情深く優しい思いが溢れていて、悲しいけど私は大好きなブログです。

 

推しのここがイチオシ!

ここからは私が送った「推しのイチオシポイント」から語ってくださってます!

私が送った内容はこちら

劇場でセリフを放った時にスコーンとよく通る声。声優さんだと「録音した時に良い声」が理想なのかなと思いますが、推しは舞台俳優らしいとにかく通るタイプの良い声です。喉もかなり長台詞の舞台を長期間こなしても全く枯れないほど、恐ろしく頑丈です。

 

ここからはゆうひまさんのコメント。

私が声優のオタクなことを配慮した上で推しのイチオシをわかりやすく説明してくれてる!?!?!?!?!?

確かにゆうひまさんが声優さん好きな方と知っていてのイチオシ文ではありますが、私が推しを好きになったきっかけとして一番大きいのが「声」だったので「声の良さ」を推してみました!

あと最近推しが声優さんと朗読劇で共演して、声優さんと舞台俳優さんの「声の良さ」の違いについて考えることが多かったから、というのもあり、この内容になりました。

 

さて、頑丈な喉から舞台に通るいい声が響くとのことですが、それ舞台俳優にとって最上級の武器じゃない…!?

舞台って身体での演技もそうだけど、台詞を表現する力っていうのもとても大切な要素になってくると思います。

客席の奥の奥、最後列の一人にまで”言葉”が届く、それはとても重要なことです。

そうなんですよ…推しにとってめちゃくちゃ大きい武器だと思います、頑丈な喉とよく通る声質…

身体での表現も素敵で面白い人ですが、やっぱり声が良いなと毎回思います。元々の声質はもちろん良いけど、技術も年々上がってきているので今後も期待したい!そして喉を!大事にしてほしい!!

 

知らんけど?

ここからは調べた情報からゆうひまさんが感じた印象を語ってくださってます!

 

なんか軽く見た感じでもかわいい…好印象…

軽く調べてみただけで「かわいい」という印象が出てくるのは嬉しいです!!

推し、かわいいので!!

 

特技にドッジボール入れるのすごい、そんなにしょっちゅうドッジボールしないよ普通。

いや本当にね。今はそんなしてないと思う。小学生の頃の特技をそのまま書いちゃうタイプなんだと思う。私も知らんけど。

 

テニミュの柳生も薄桜鬼の土方さんの役もクールな役なのに中の人めっちゃおちゃめやん…みかてぃって呼ばれてんの?大学生か?かわいいな。
(※投稿後にご指摘いただきましたが、正しくは薄桜鬼で山南敬助役とのことです。”土方編”と見間違えた…!)

全く知らなかったらわかりにくいよね…薄ミュシリーズに限らず2.5次元舞台のタイトル…

山南さんも(原作では)クールな役なので大丈夫だと思います!ちょっとその、推しが演じた時は天然っぽさ強かったけど…夜なべして自作カルタ作ってきちゃったり、藤堂くんにいきなり「なぜ肘当てを肘にしないんですか?」とか聞いちゃったりしてたけど…

「みかてぃ」はテニミュ時代によく呼ばれてましたね!今もテニミュから知ったファンやテニミュ関係の役者さんからは「みかてぃ」と呼ばれてます。「みかちゃん」って呼ぶ共演者さんも結構います。うん、だいたい女子のあだ名だ…

 

そして推しのブログ最新記事も読んでくださってます!

ameblo.jp

 

”小さい頃は劇場に自分の名前入りのお花が飾られるなんて考えたこともありませんでした。”
この、この一文…!!!!!!!!

表現者として最高の感性をお持ちよこの方…

うんうん、本当にエモい表現が上手いですよね。感性もそうだけど、幼少期から舞台や役者さんをたくさん観続けてきたことによって付いた言葉の表現力も大きいんだろうな、と思ったりします。素敵な言葉をたくさん浴びてきたから、ファンが喜ぶような素敵な言葉を紡げるんだろうなーと。

 

ということで、書いていただいた記事に依頼者として引用コメントさせていただきました!

本当に全く知らない人について調べて感想を書くって大変だったんじゃないかなーと思います。ありがとうございました!

 

記事を書く前は、

「知らない人のこと語るで~wとかヘラヘラしてたけど本当に知らない人に直面すると語ることなさそうで不安になってきた…」

と思ってたんですが、まあ記事のテンションを見ていただければお分かり頂ける通り、めちゃくちゃ楽しく書かせていただきました。

「楽しく書けた」と言ってもらえて良かったです。こちらも全く知らない人からの印象が知れて嬉しかったです!

今後もリクエストを受け付けておられるそうなので、自分の推しについて全く知らない人からの印象が知りたい!という方はリクエストを送ってみてはいかがでしょうか?

改めまして、ゆうひまさん、リクエストにお答えいただきありがとうございました〜!

 

↓ゆうひまさん(ゆうさん)のTwitterアカウント

twitter.com

 

「きどみか」の初共演が決まった話。

「ラヴ・レターズ」のチケットも発売され、無事に確保してホッとしていたのもつかの間…

推しの12月出演舞台が発表されました!

 

 

おお、「BOY BAND」「Take me out」で演出助手をされていた元吉さん主宰の劇団作品…!

 

HOME of EMUKICHI-BEAT OFFICIAL WEB

 

 

12月初旬か〜期間は1週間ちょいで土日は2回…ふむふむ…肝心の共演キャストは、

 

 

き、木戸邑弥!!!

法月くんもいる…他にもちらほら聞いたことある名前が…でも何より木戸邑弥…!!

 

 

遂に邑弥くんと推しが共演する日が…来てしまった…!!

「きどみか」がキャスト一覧に並ぶ日が…!!

 

「きどみか」とは

dailyoshikawaii.hateblo.jp

↑の記事で詳しく説明してるんですが、簡単に言うと

「同じ高校に通ってて仲良くなった親友同士なんだけど、色々あってちょっと仲が良すぎるコンビ」

ですかね…ちなみに「きどみか」は自称です。誰も呼んでないのにいきなり名乗りだしました。

 

前の紹介記事以降も「きどみか」は時々会ってはイチャイチャ…いや仲良く遊んでいるようでした。

ameblo.jp

先日も2人で夜の工場を眺めに行っていた。夜の工場…

 

そんな仲良しの邑弥くんとの共演が発表されたし、これは推しのブログ更新が楽しみ…と思いながら待っていましたがその日の更新は無いまま夜が開け翌日。

 

ameblo.jp

 

また間違えた。

誰か私に曜日を教えてください。

こんなにも曜日感覚なしで生きてるのか…味方。

それともわざと忘れたふりをしているのか…味方。

どちらにせよ、すみません。

 

い、いやいや…ええんやでそんな…好きな曜日に更新して…*1

 

ごめんなさいの、寝起き顔。

最高にブス。

 

なぜか自ら「ブス」と言いながら寝起き顔の自撮りを披露してくれた。ソンナコトナイヨ…

 

これだからシャンプーとボディソープ間違えるんだよ。

よくあるじゃないですか、洗顔と歯磨き粉を間違えるみたいにね…。 

 

なぜか関係ない失敗を引っ張り出してさらに落ち込んでいる…

 

 

この話ですね。洗顔と歯磨き粉は多分1ヶ月も間違え続けないけどね…!

まあ逆じゃ無くてよかったです!逆だったら髪の毛大変なことになってた。

 

はぁ…落ち込みます。


でも…


元気を出して…


さて!

 

勝手にひとりでどんどん落ち込んでいったかと思えば、今度は自分で自分に言い聞かせて切り替えようとしてる…少女漫画のお茶目なドジっ子主人公だ…

 

お知らせです。

エムキチビート produce
音劇 vol.2
『世界の終わりに君を乞う。』

出演が決定しました!

 

落ち込みから切り替えてのお知らせありがとう。

 

過去の作品で演出助手としてご一緒して幾度となく助けていただき、演出家はもちろんスタッフ陣、役者陣が皆同じ方向へと歩みを進めれるよう最強の環境づくりをしてくださる、元吉庸泰さん
の作品です。

劇団公演というのも初めて?かなと思います。

 

そういえば確かに劇団の公演にゲスト出演ってこれまでなかった気がしますね。言われてみればという感じ。

 

そしてこれはとても個人的になりますが、木戸邑弥との共演もとてと嬉しく思います。
平成が平成と共に生きていた若者にプレゼントくれたようです。

でも、それは個人的なことなので…!

 

「個人的なこと」と前置きして強調しながらも本当に嬉しいんだろうな〜というのが伝わってきますね!誤字からも…!

抑えながらもでれでれ感が伝わってくるなぁ…

 

そして邑弥くんのブログも。

ameblo.jp

 

そして、味方良介と初の共演です!

初なんです!

めちゃくちゃ嬉しい。

 

いやー本当に…よかったねえ…

 

共に作品を作れる事、同じ現場にいる事はもちろん、役者味方良介をこんなにも近くで感じれる事に幸せを感じています。

 

うんうん…2人とも何年も前からずっと共演したがってたもんねえ…

 

話したい言葉は沢山ありますが、あんまり言うと味方照れちゃうから。笑

 

う、うん…?

いや、うん…?急に惚気モード入ってきたね?いいんですけど、急に来るよねいつも…!

 

いやしかし本当にあの「きどみか」が共演とは…感慨深いです。

これまで2人でイベントやったりゲスト出演などはあっても「共演」ではなかったので…同じ舞台に立ってお芝居をする2人が観れるのか…

正直イチャイチャ仲良く漫才みたいなトークしてるところしか見たことがないので、お芝居で共演しているところがまだ想像できないのですが本当に楽しみです!!

チケットの一般発売は10月27日(土)10時!

劇場が博品館なので小さめですが…ち、チケットがんばるぞ〜!

 

*1:なぜか推しはブログ更新を月・水・金にしている。人に話すと「バイトのシフトか!」と言われる

推しの「ラヴ・レターズ」出演が決定した話。

推しの!11月のお仕事が発表になりました!!

 

 

ろ、朗読劇(初)!!パルコ・プロデュース(初)!!ラヴ・レターズ(もちろん初)!!!

 

 

しかも!!お相手が!!内田真礼さん!!!有名声優!!!

そしてチケット一般発売3日前に出演発表!!(何があったのか)

 

www.parco-play.com

 

もうこの時点で衝撃が多すぎて何が何やらなのですが、他の回のキャストさん見てもすごいですね…

良知さんと中川翔子さんとか…小池徹平さんと平野綾さんとか…有名豪華キャストに並ぶ推しの名前…すげえ…

何度も言いますがお相手は内田真礼さんだしなぁ。声優にそんな詳しくない私でも知ってるお名前…!

確か弟さんも声優さんだったよな〜と思って調べたら内田雄馬さんって1992年生まれなんですね!偶然にも推しと同い年だ!

 

ameblo.jp

 

僕にとって初となる朗読劇、いつか挑戦したいと思っていました…初挑戦が『ラヴ・レターズ』とは自分の想像を超えています。

2004年にパルコ劇場で初めて観劇して以来、何組もの物語に触れました。

あの手紙を紡ぐ一員になれるとは思ってもいなかったので心から感動しています。

 

いやー本当に…良かったねえ…

推しは歴史ある作品だとふつーに「10年前に観た」みたいなことを言ってくるので(今回は10年どころでもないし)

そういった作品に出演が決まると本人の心構えというか重みも違う気がするし、こっちも勝手に「良かったねえ…!」と感慨深くなってしまいますね。(私は観てない)

 

演出の藤田さんとまた新たな作品でご一緒できることも光栄です。

この奇跡に感謝し、1ページずつ大切に生きたいです。

 

そうそう、演出が藤田俊太郎さんなんですよね!TMO以来の藤田さん!

初の朗読劇への挑戦で、演出がすでにお仕事した経験がある方というのは勝手に心強いです。

やっぱり推しのこと知ってると知らないとでは違う気がするので…(知らんけど)

TMOも本当に素晴らしい作品だったので楽しみです…!!

 

あ…


まだまだ平成の奇跡は終わらないですよ。

 

ンモーまたそうやってフラグを!謎のフラグを立ててくる〜!!きになる!!

舞台もそうだけどイベントとかやるときも早めに告知お願いしますね!?

 

はーしかしまずはチケットだ。

とりあえずスマホアプリはダウンロードして登録も済ませました。

ぴあ、ローチケ、e+での販売もあるみたいなので念の為コンビニ端末にも並んでみるか…?

発売開始は10月13日(土)10時!

公演日は11月18日(日) 、開演時間は18:30!

ご都合が付く方はぜひ!味方良介さんの初朗読劇を観に行きましょうね!

LOL!の感想の話。

以下、舞台「LADY OUT LAW!」に対するネガティブな感想があります。

(主に演出と脚本に対して)

自分の気持ちの整理のために書くので、良い思い出だけ持っていたい方は読まないようにお気をつけて…

続きを読む

「LADY OUT LAW!」ゲネプロ記事の話。

舞台「LADY OUT LAW!」が初日を迎え、各社からゲネプロのレポート記事などが上がっております。

 

 

いつも通り各社の記事と一言感想をまとめておきます。

 

ORICON NEWS

 

www.oricon.co.jp

 

オリコンさん記事アップ早い…! 

この後の各社記事でもよくピックアップされてますが矢島さんの汗に対する推しのコメントよ。

いつも人のこと言えるほどではない汗かきっぷりですが…!写真で見ても汗感すごいよ。

 

デイリースポーツ

 

www.daily.co.jp

 

関西人としては阪神タイガースのイメージしかないデイリースポーツ。(当たり前ですが)芸能面もあるんだ…

記事はスポーツ紙らしく短め。写真は3枚。

 

WWSチャンネル

 

 

www.wws-channel.com

 

初めて見る媒体な気がする…!ツイートにGIFアニメでスライドショー付けるの斬新ですね。

写真は15枚。ただし劇中写真で推しが写ってるのは横顔・引きの1枚だけ。会見の写真は多いけど…!

 

シアターガイド

 

www.theaterguide.co.jp

 

文量多めで写真も21枚。演劇メディアは気合が違う。

劇中の推しの写真は4枚。どれもいい表情を抜いてもらっている。

会見時のソロ写真も下からアングルで写りよく撮れてる。ありがたい…

 

スマートボーイ

 

sumabo.jp

 

流石のスマボさん。ソロ写真が無料ブロマイドや…

ソロ以外の写真も構図がかっこいい。

 

ステージナタリー

 

natalie.mu

 

うーん安定感。

写真も良い表情使ってくれてるなぁ…劇中で推しが写ってるのは2枚だけだけど…

 

エントレ 

 

entre-news.jp

 

動画付き!

「動くなならず者!」で入ってくる声がもう完全に…完全に味方良介ここに在りですね…味方良介以外の何者でもないな…

会見中はちょくちょく他の人の言ってることに茶々を入れている声がする。

矢島さんの汗がすごい話のところ、「汗で衣装がスケスケ」って話なのに全くイヤらしさがないのが(想像通りですが)すごいですね…!

持ち上げると体が熱い!という話で

「あっつ!って、こうなっちゃいますもん」

って言いながら耳たぶ触るの、リアクションとして昭和っぽさがすごい。今の人って熱いもの触って耳たぶ触ります!?かわいいな!

 

時事通信エンタメニュース 

 

www.jiji.com

こちらも動画。矢島さん汗だくの件を振られて動揺する様子がかわいい。耳たぶのくだりはカットされている…

 

2.5news 

 

25news.jp

 

毎度おなじみになってきた2.5newsさん。

こちらも動画あり。会見の様子を全景ノーカット動画でアップしてくれている。ありがたい…ただノイズカットフィルターだけは入れてくれたら嬉しかったかな…

耳たぶのくだりの後も面白かったしかわいかった。「オレいま一番汗かいてる」でしょうね。

小野健斗さんによる矢島さんが稽古中3回着替えてる話で「オレもだよ☆」「お前もか」のやりとりも可愛い。

最後「衣装に文句言ってる」って主演のコメントに文句つけてる推しよ。

 

エンタメステーション 

 

entertainmentstation.jp

 

全体的に写真の画質が良い気がする。ありがたい。

サムネの真剣な横顔も素敵だけど銃付きつけられてるのもかわいい。

 

ランランエンタメ インタビュー

 

ranran-entame.com

 

 

ranran-entame.com

 

こちらは小野健斗さんと推しの2人インタビュー。

前編後編に分かれてるけどそんなに長くはない。写真はツーショット1枚とソロが1枚ずつのみ。

後編の「舞台で拳銃を扱うこと」についての話が面白いなと思いました。

そういえば前に同じ劇場で上演した「MOJO」でも拳銃持ってて撃たない役だったっけ…撃たれるけど…

稽古場でスイカ割りした話はなぜ誰もSNSに流さなかったのか気になるエピソードですね!えっ流れてないよね?

アウトローな女の子の魅力」について話してる2人はなんか可愛いな〜と思いました。良い。

 

 

ほか、関連記事等追加がありましたら更新したいと思います。

最近可愛いツイートまとめやってないけどちょっとテーマ決めてやりたい気もする。ツイート数自体少ないけど…!