読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

推しが可愛い日常

推し(味方良介さん)が可愛い話をします

推しとファンサの話。

ファンサの話。

推しが他のファンにファンサしている所を見ても

「わ〜よかったねえ(ホクホク)」

という感じで微笑ましく見てしまうタイプなのです。

 

 

これは完全に自分の性格の問題だとは思うのですが

(幸せそうな人を見ると幸せだ)

(推しが幸せならなんでも幸せだ)

 

よくよく考えると、

多分、推し自身が岡幸二郎のいわゆるTOでスペオキ

ってところに行き着くというか…

 

出待ちして声かけるところから始まって、

スーパーバイザーやる企画に出演しないかって誘われて素人からデビューして、

今度は同じコンサートに出てデュエットまでする訳で…

 

もう推し本人がそんなだから

多少特定のファンを特別扱いしてようと

まあそういうもんだな!うん!

ってなる気がします。

 

とか言ってたら岡さんブログに

昨日の味方さんお誕生日祝いについて掲載されてました。

岡幸二郎のエグゼリーノの蒼い溜息 : リハーサル

…いやケーキでかすぎでしょう!?結婚式か!!

 

うーん、やっぱり岡さんが推しにしてる扱いに比べたら

舞台やイベント中のファンサなんて些細すぎる…!

 

と言っても、あんまり推しが誰かを特別扱いしてるように

思ったことは無いんですけどね。

(してるとしたら多分、男児かな…)

 

 

なんかこういうこと言ってると

いい子ぶるなよ!的に思われるかなーって

考えたりもしましたが、

いい子ちゃんに思われがちな発言も

自分の考えなら積極的に出していく推しを

私は尊敬しているので真似していきます。

 

 

ここまで書いてて思ったんですけど、

多分私は、推しが周囲からいい子ちゃんに思われそうなことを

衒いなく発言することに、どこかで救われてる面があるんでしょうね。

いい子ちゃんで平和主義な発言はすぐ本音じゃないと思われるから…

 

いや本音だよ!心からそう思ってんだよ!!

何で私の本音を否定されなきゃならないんだよ!

 

って思いながら空気読んで黙ってた自分を

推しが解き放ってくれたような気がします。

うーん、やっぱり尊敬しかないな。

 

 

あときっと読んでてわかるでしょうが、

やっぱり私は推しを崇拝しているタイプです。

 

接触は(少ないけど)毎回緊張するし、

まあほとんどロクなことは言えないし、

推しが真面目な顔でうんうん、って頷いてくれる姿は

神でしかないな…と思います。アガペーがすごい。


そんな神でしかない推しの姿が見られるだけで
緊張したしロクなこと言えなかったけど、最高だったな…と毎回思ってます。

 

そして他のファンの方に素敵な対応してたら

あーもう神だ!推しが神でしかない!最高!!

と思います。

握手の合間に汗拭いてても最高です。なんて可愛いんだ!

 

 

手放しで褒めてばかりじゃ良くないなんていうのは

対等の関係ですればいいことで、

基本、推しは圧倒的に上の次元にいるし、魂の格が違うと思っているので

私はきっとこれからも推しをただ褒め続けるでしょう。

 

 

ということで、

私は推しが幸せならなんでも幸せだよ!

推しが何やってても可愛くて仕方ないよ!!

って本音を今日もここに叫ぶのでした。

こんなに可愛い推しがいる世界は素晴らしい!