読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

推しが可愛い日常

推し(味方良介さん)が可愛い話をします

推しとテニミュと交渉力の話。

そういえば先日、テニミュ3rd氷帝のDVD発売イベントに行きました。

3rd自体はあんまり真面目に追ってないけど三浦くんがいるから久しぶりにDVD買って、せっかくだから応募したら当たったので行ってきたのですが…

 

もうなんか、とにかく可愛い三浦宏規…!

前日に4時間かけてパーマあててきたという髪型はふわふわで茶色くてトイプードルみたいで

(あー推しも昔こんな髪型してたな…)

寂しがりですぐ人にくっ付いてるせいで誤解された話とかも可愛かったです。

(推しもよく人にくっ付いたり添い寝したり襲いかかったりするから誤解されてたな…)

氷帝の子たちもみんな面白いしとても楽しい時間を過ごせました。

(ちゃんくんが床に水こぼしていじられる下り、同じようなイベントで純平くんが水こぼして推しにいじられてたの思い出すな…)

 

いや、私だって後輩に推しを重ねたりするのはあんまりよくないかなって気持ちはあるんですけど

どうしても頭の中に占める推しの割合が高すぎて何見ても思い出しちゃう人間ですみません…!

関連性の高い人物を前にするとさらに…重ねてしまって…申し訳ない…

 

 

で、そんなイベント中にリョーマ役だった古田くんが

「俺はテニミュOKの範囲を広げてきたと思ってる」

的なことを言っていて、なるほど中々に際どい発言を連発していました。

 

まあそういった発言の是非は置いといて、やっぱり推しの話に繋がっちゃうんですが…

古田くんとは違うやり方でしたが、推しもある意味で「テニミュOK範囲を広げようとした」キャストのひとりだったんじゃないかなーと思うんですよね。

(やっぱりその是非は置いといて)

 

 

っていうのも、2nd最後のドリライ・伝説の「温めることそれが運命(さだめ)」*1事件というものがありまして。

ベンチ組の気持ちを歌った曲「温めることそれが運命(さだめ)」を作り、ドリライの舞台上にベンチのセット組んで一曲ベンチ組で歌いたい!という計画を上島さんに直談判したんです、推しが。

朝から長時間のプレゼンを行い、なんと一度はOKが出て仮歌もオケもベンチのセットも用意されていたらしい…が、結局ダメだったのだそうで。

 

いや、最後のドリライで、試合ないベンチ組で、本公演で歌ってなくて、しかもキャストが勝手に作った曲歌うのはどう考えても却下されるよね!?

しかし推しは本気でやりたいと演出の上島さんに直接訴えた上に、一度は勝ちかけたらしいのです。

すごい。これはもう(裏)テニミュ史に残るやつだ、と思いました。

 

 

実現性の低い提案でも、本気で真面目に計画を考えて演出家にプレゼンして交渉するって本当にすごいことだと思います。

最近になって当時どうも上島さんとは相当な回数一緒に飲んでたらしいということが判明したりもしましたが、やっぱり大人の交渉ってそういうプライベートからの積み重ねも大事なんでしょうね。

 

それから推しはイベント等ファンの前に出る場では結構、真面目な良いことを言ったりするのですが、そういう良いこと言ってる時の説得力がかなり凄いんですよ。

本人が本気で心からそう思って言ってるからなんですけど、人心掌握術として凄いレベルの話し方をする。

上島さんにも多分そういう、持てる説得力の全てを尽くしてプレゼンしたんだろうなと思います。

 

いやー…きっと推しは営業か政治家か新興宗教の教祖だったら相当すごいことになっていたことでしょう。

最後のやつになってたら洒落にならないので推しは俳優を目指してくれて本当に良かったし、今後もそっちの方向には目覚めないでいてほしいと思います。

 

 

結局「温めることそれが運命(さだめ)」はドリライ2014の前楽日替わりコーナーで本人によってアカペラで歌われることとなり、DVDにも残りました。

(本来もっと長い曲だったらしいですが、一部でも残ってよかった)

ドリライで、それまで歌われたことのない、しかもキャストが勝手に作った曲が、日替わりとはいえあれだけの時間歌われたこと…

それは今考えればかなり「テニミュOK範囲を広げる」行為だったのではないかと思います。

 

しかしあんな訳のわからない交渉力を持ったテニミュキャストが今後現れることがあるのだろうか…

後を継ぐようなヤバいキャストが現れることを期待したいようなしたくないような…

推しは3rdも毎回観に行って(Tシャツ勝手に貰って)るので、今後新たなキャストたちとの出会いによる化学反応も期待したいですね。

推しの愛するテニミュがずっと続いていくといいなぁ。

*1:何度かこの曲名に関してインタビュー等で答えているが、掲載媒体によっては「宿命」と書かれているものもあり、本人が直接残している文字情報がないためどちらか不明