読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

推しが可愛い日常

推し(味方良介さん)が可愛い話をします

推しと整理整頓の話。

えらくて可愛い話。

「えんぶ」2月号入手しました〜 

えんぶ 2017年 02 月号 [雑誌]

えんぶ 2017年 02 月号 [雑誌]

 

全体的に知ってる人がいっぱい載ってる雑誌になっててビックリでした!

500円でこれだけ知ってる役者さん載ってたら嬉しいな〜

 

推しはタキシード3回目(グランドホテル、幕末、熱海)ですし着慣れてきたなぁと。

インタビューもしっかり受け答えできていて良かったです。

受け継がれてきた役も「自分の◯◯」として演じたい、とか、

今年の目標は「視野を広く」とか、推しのブレなさを改めて感じますね。

観ている人に「出来ない」と思わせたい、というのが面白い考え方だなーと思いました。

役者やってたら自然に思うことなのかな?

 

 

ここまでは前置きとして…今日は片付け・整理整頓の話をします。

 

推しは物凄く片付けが得意です。

共演者の鏡前を勝手に片付けてしまうくらい得意です。

 

そして私は物凄く整理整頓が苦手です。

部屋も散らかってるし、カバンの中もグチャグチャで欲しいものがすぐに取り出せません。

どうすればこの状態を解決できるのか、見当も付けられないくらい苦手でした。

 

 

先日のきどみか3で、木戸くんが推しの整頓上手について話してくれました。

なんでも、「充電器貸して」と言えばカバンを開けて、中からサッとポーチを取り出して、その中から綺麗に巻かれたコードと充電器が出てくるのだそうです。

推しはポーチや小物入れを集めるのが大好きで、ムーミンの可愛いやつとか使ってると言っていました。見せてほしい。

 

欲しいものがサッと出てくる整頓されたカバン…それは私の憧れです。

毎日しっちゃかめっちゃか、玄関ドアの前で中身をひっくり返して鍵を探すのにはウンザリしていました。

なんとかしたい、推しのようにスマートに鍵や充電器を取り出せるカバンにしたい…!

 

 

ということで、なんでもまずは真似からはじめよう…と、雑貨屋さんに行ってセール中のポーチを買ってきました。

とりあえず大中小で3つ。

これまで自分のカバンに入ってるポーチは2つ程度でしたから、いきなり3つ増やすのは自分にとってちょっとした冒険でした。

 

早速、帰ってきてカバンの中身を広げ、分類してポーチに詰めていきました。

ついでに財布の中身も整理しました。

 

ポーチをカバンに入れた時、あまりにスッキリした見た目に驚きました。

なるほど…これまで私は、デスクトップに画像も文書もmp3もアプリケーションも全部そのまま一緒くたに置いているような状態だった訳です。

それをポーチに入れることで、全てフォルダに分類して階層分けできました。

いや、本当に単純なことなのですが、どうして気付かなかったんだろう!?

なぜかポーチや小物入れ的なものを買ってきて分類するという発想が全くなかったのです。

衝撃でした。たったこれだけのことだったんだ…これだけであの毎日の混沌から解放されるんだ…

 

 

こうして私は推しのおかげで混沌カバン地獄から解放されたのでした。

ブラシもリップクリームも充電器も玄関の鍵もすぐ出てくる!すごい!

ありがとう、推し様…!

また次はお部屋の整頓方法とかおすすめ収納グッズみたいな便利情報も教えてくれないかな…

というところまで考えて、私は推しをなんだと思ってるんだろう?と不思議な気持ちになりました。役者さんに何を求めてるんだ。

あとオススメの洗剤とか柔軟剤も教えて欲しいです。

こういうプライベート系質問の機会が中々ないんだよな〜