読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

推しが可愛い日常

推し(味方良介さん)が可愛い話をします

推しのWOWOW対談とキャストサイズの話。

言動が可愛い話。

いやー短かったですねWOWOW

でもいい対談でした!素敵だった!

 

 

まずビジュアル!推し、ガチすっぴんだこれ!

ヒゲも肌の赤みも全部出てる!さすがWOWOWさん高画質!!

でも

テニミュに向けて不安な後輩から急にカフェへ呼び出された頼れる先輩」

という設定的には完璧なビジュアルだったと思う!

そりゃ急に後輩から呼び出された先輩はメイクなんかしてないよね!!そうだね!!

すっぴんでも睫毛の長さと密度は最高だったよ!!!

 

 

そしてトーク内容!真面目!!

そりゃそうだ真面目なドキュメンタリー番組だこれは。

しっかり思いの伝わるいい発言が切り取られててよかったです。

 

「もっと汗かいて、がむしゃらにやればよかった」

「本気で泣いて本気で笑ってって、やれたらよかったなって」

というのは、多分やってる時は本人なりに「がむしゃら」だったんだろうけど

振り返るともっとできたんじゃないか、ってことなんだろうなーと勝手に思いました。

後からそういう風に感じちゃうところが柳生比呂士らしい感じもします。

柳生という人の目線として正しく完結している…と思いました。

 

最後に「なかなかないもん。あんな青春体感ミュージカル、ないよ!」

って言って三浦くんに若干苦笑されてるのもまた味方さんらしいというか

つい、ちょっぴり「言ってやったぜ!」感が出るせいで笑われてしまうあたりがね!

三浦くんも青春体感ミュージカルを笑っている訳じゃないと思うんです!

あれはきっと味方さんが若干ドヤってるのが悪いんです!

 

 

でも本当に終始和やかというか、真面目なのに笑顔あふれる感じの対談でよかったです。

事務所の(唯一の)先輩後輩だからこそ、この和やかさなのでしょう…きっと。

 

最後の音切られてるときに三浦くんが喋ってて味方さんが爆笑してるのが印象的でした。

なに喋ってたんだろうな〜

もしかして笑いが絶えなすぎて使える真面目な素材が少なかったのでは?

という若干の懸念もありますが…

これからもウィルビー・インターナショナル組はずっと仲良しでいてほしいですね!

 

 

 

ところで今日はキャストサイズvol.16の発売日ですね!

 

キャストサイズ vol.16 (三才ムックvol.917)

キャストサイズ vol.16 (三才ムックvol.917)

 

 

推しはキャストサイズに連載コーナーを持っています。

毎回そのときに会いたい人…というか、仲のいい人を呼んで

ただ、2人で飲んで話すというコーナーです。

 

今回のゲストは赤澤燈さん。

なんども共演している燈さんとの対談ということで

「お互いが以前と比べてどう変化したか」みたいな話もあり、面白かったです。

 

追い詰められてる相手を気遣って飲みに連れ出す、とかそういうのが

ちゃんとできるところが推しの偉いところだな〜と改めて思いました。

お互い「役者として全く違うタイプ」って認識してるのも面白かった。

 

 

キャストサイズさんは毎回DVDが付いてきて、対談の様子が動画で見られるのがすごく嬉しいですね。

この連載のDVD見てて毎回思うんですけど

味方さん、すごく自然に人の食べ物取り分けるね…!?

喋りながら自分の取るついでにササッと人の小皿に入れてます。

初回で何も言わずに木戸くんの醤油を注いであげてたのも驚きましたが

私はそういうの全く気が効かないタイプなので、毎回すげえな…と思います。

 

 

三回目にしてすでに「そろそろ友達が出尽くしてきた」とか言ってらっしゃいますが

次のゲストは永嶋柊吾くんでも平野良さんでも江戸川萬時さんでも佐藤真弓さんでもいいので、ぜひこれからも続けていってほしいですね。

自分で書いて真弓さんと推しの対談めっちゃ読みたいな…と思いました。ぜひお願いします。

原嶋元久くんとか矢田悠祐さんとかも面白いんじゃないかな…

あとは今をときめく高崎・そういうとこあるから・翔太さんとか…?*1

 

 

 

ということで今日のブログは対談の感想祭り2本立てスペシャルでした。

どちらも割と素な感じの空気だけど真面目に喋ってらして

改めて、対談って良いな〜と思いました。

今後もいろんな媒体で素敵な対談を企画してもらえるといいな〜!

*1:去年のきどみかで「あいつそういうとこあるから!」と連呼されてたせいで私の中で彼のミドルネームがこれになった