読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

推しが可愛い日常

推し(味方良介さん)が可愛い話をします

推しの未来についての話。

私の推しは若手俳優としては、将来のビジョンがわかりやすい方だと思う。

 

今は載っていないが、以前は事務所のプロフィールページに

エリザベートのルドルフに憧れて俳優を志す」などといったことが

はっきり書かれていたくらいなのだ。*1

 

ルドルフでなくとも、

まあ帝劇で上演されるような、伝統あるグランドミュージカルに出る

ミュージカル俳優が彼の目指すところだろう、というくらいは

推しのことをよく知らなくても想像できる。

 

 

目指すところがわかりやすい、というのは

応援しやすい部分ももちろん大きいが、

少々面倒臭い部分もある。

 

つまりは、「まだ目指すところまでこんなに道のりが遠い」だとか

「あの子はあんなに先に進んでいる」だとか

「あの方はもっと順調だった」であるとか

ゴールがはっきりしている分、他人と比較されやすいということだ。

 

人にはそれぞれのペースというものがあるのだし

道だってひとつではないだろう。

他人と同じ定規に当てはめることはできない。人生なのだから。

でも、比較してやたらと焦りたがる人はいる。

本人や事務所側が焦るならまだしも

こっちが焦って心配したってしょうがないだろうに、と思う。

 

 

推しはブログで、デビュー5周年を迎えたことについて

「この5年で色々な経験をさせてもらいました。」

「これから5年、10年と皆さんと共に色々な景色を見れるよう頑張ります。」

と、宣言してくれた。

 

単位が「5年、10年」である。

私としては短いくらいだ。

20年30年くらい言ってくれたっていい。

あと40年くらい見つめている*2心づもりではいるのだ。

 

たとえ幽霊になってもファンでいたい。

推しを最後まで見届けたら、新神戸オリエンタル劇場の地縛霊になって

あの椅子に座り続けていたい…

 

 

なぜか死後の夢の話になってしまった。しかも私の。

つまり、それくらい長期スパンで推しのことを考えたいという話である。

 

これまで推しは色々な景色を見せてくれた。

全く知らなかったミュージカルや舞台の世界を見せてくれたし、

札幌も福岡も名古屋も、推しと出会わなければきっと行く機会の無かった土地だ。

これからもきっとたくさんの景色を見せてくれるだろう。

あと40年くらいは、それを楽しみにしていたい。

 

 

*1:プロマックス時代初期のもの。現在は旧事務所・新事務所共にプロフィールページにこの文言は書かれていない。というか旧事務所のプロフィールページがなぜか未だに残ってるんですよね…移籍案内は書いてあるんですけど。親切だなぁ

*2:舞台『ママと僕たち』より「BABU-BABU-PONG!〜ママと僕たちのテーマ〜」歌詞から。「お願い このまま見つめていて 僕だけを あと40年くらい」作詞:村上大樹 作曲:楠瀬拓哉