読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

推しが可愛い日常

推し(味方良介さん)が可愛い話をします

推しがする『お願い』の話。

推しはすぐファンに指示をします。

いや、指示してるつもりはないのかも知れません。

多分本人的には『お願い』くらいのつもり…かも。

 

 

こないだの平日17:30からやった生配信でも

「話に割り込んで関係ないこと言わないで」

タイムラグってものがあるんだよ

「今度のライブみんな絶対来て」

ド平日だぞ!?

「もっとみんなに『見た方がいいよ!』って言って」

うん

「学校いる人は校内放送して」

何を言ってるんだ!?

「1000人いった!なにかする?…えー、もっと大人っぽいのないの?

一発ギャグとかそういうのいいから」

わ、ワガママだな!?

「この後Twitterで可愛い写真をあげるのでフォローしろよ」

もうしてるよ!

 

…まあ、半分くらいはボケのつもりかも知れません。

ボケてファンにツッコませるのです。

すごい勢いで次々言うのでとてもツッコミきれません。

きどみかではこのツッコミを全て邑弥くんに任せるので、邑弥くんが大変です。

 

 

推しはファンを甘やかしません。

というか、凄く対等な感じに接してきます。

媚びません。

むしろ上から命令しているように見えます…が

そこは実はそうでもないのです。

 

 

推しはこちらが断れば引き下がります。

「試験があって」

と言われれば

「それは仕方ない」

とすんなり受け入れます。

 

Noと断られたらすぐに引きます。

去る人には「バイバイ!」と明るく手を振るのです。

だからきっと命令ではない…本人的には。

 

推しはダメだった時の切り替えが物凄く早いのです。

告白して断られた時の返し方を振られて

「…だよねっ!」

と答えた時はビックリしました。流石すぎる。

心の底にはその想いをしまっているのかも知れませんが

表面的にはすぐにアッサリと手を離してしまいます。

 

 

きっと彼は断られる可能性を充分に踏まえた上で

人に『お願い』することに慣れています。 

自分にできないことについて、他人に助けを求めることが出来る。

それは人間が生きていく上で物凄く大切な能力だと思います。

強いんです、推しは。

 

 

推しはその生配信で

「なんでもみんなの力が必要だから。

芝居するにしても歌、歌うにしても

何をするにしても全部みんなの力が必要だから。

これね、綺麗事じゃなくて本当にそうですよ」

と語っていました。

 

あのワガママ放題な発言と

「やってほしいことは何でも言った方がいい」

という、毎回言っている言葉があってこそ

こういった発言も嫌味なく、媚びもなく、

ちゃんと響いてくるような気がしました。

 

 

推しは今日、11月3日でデビューから5周年になるそうです。

これからも、そのまま自由に思うままに

ファンを振り回してほしいと私は思います。

 

私はそんな推しを見てケラケラ笑いながら

出来るだけの『お願い』をきいて

出来ないことは「ごめんね」と思いながら

やってほしいことがあれば(主にここで)言いふらして

楽しくファンを続けていきたいです。

 

 

 

味方良介様

 

デビュー5周年、おめでとうございます。

いつも気の狂ったようなことばかり書き散らしていてごめんなさい。

このブログは少しでもあなたのファンが増えることを祈って書いています。

効果は出ているかわかりませんが、どうやらそこそこ読んでもらえてはいるようです。

 

あなたの星の数ほどの『お願い』が1つでも多く叶いますように。